イングリッシュプラザ主催サバイバルナイト!

ライター: Blazee
編集者: 有本早希
翻訳者: ことこ

キャンパス内のイングリッシュプラザ(以下略EP)において、5月13日に「サバイバルナイト」がZOOMにて開催されました。サバイバルナイトでは、参加者全員でユニークなアクティビティやゲームを行いました。参加した皆さんは楽しい時を過ごし、学生同士にとって新しい出会いや仲良くなる機会となりました。

イベントの冒頭はEPスタッフによる、ルーレットを使ったアイスブレーキングから始まりました。 このゲームは、あるウェブプログラムによって運営されています。ランダムな質問を選び、それを各参加者に割り当てて回答してもらい、サバイバルナイトのメインを始める前に、お互いのことを少しずつ知ってもらいました。

このイベントの舞台は無人島、参加者達はそこに取り残された設定です。ココナッツポイントを獲得しながらサバイバルキットを入手していき、島からの脱出を狙います。全員には5つのミニゲームが用意されており正解するとグループでココナッツを獲得できます。

ゲームの順番は下記の通り:

  1. 曲当てゲーム: イベントの最初を飾るこのゲームは候補曲の中から印象的な部分を参加者に聴いてもらいます。そして、その曲のタイトルと歌手を当ててもらいます。
  2. 真か偽か: このゲームでは日本にまつわる情報がまず全員に与えられます。参加者の課題はその情報が真か偽か聞き分けてもらいます。
  3. ファミリー・フュード:このゲームはちょっと複雑で、まず参加者はいくつかヒントを与えられ。そのヒントを基に10個の物を当てなければいけません。
  4. スカベンジャーハント: これもまた面白いゲームでした。困難な状況に置かれても、準備が整っているか確かめます。スタッフが、参加者に水筒や消毒液など持っているものを提示してもらい、ゲームを進めていきました。
  5. 世界のトリビア: このゲームは参加者の世界についての知識を確かめる挑戦です。ランダムに選ばれた質問が出され、それぞれ4つの選択肢が用意されました。参加者は提示された選択肢の中から正しい答えを出し、ココナッツを獲得するゲームでした。

最後は獲得したココナッツを数え、サバイバルキットを購入することに使いました。

イベント終了後、一部のスタッフにサバイバルナイトの感想を伺いました。多くの感想が集まりましたが、その中からいくつか抜粋しました。

ハイさんイベント中は予想外なことは特に起こらず、何事にも対応することができました。その結果、参加者がどれほど喜んでいるか、そして皆さんの繋がりが感じられた。ついつい当初の予定よりも少し長めにイベントが行われました。

ビクトリアさん:今回は準備万端で、参加者の喜ぶ顔を見ることができ、イベントを頑張ることができました。特にスカベンジャーハントのコーナーでは、発表の時は笑いが絶えず、本当に楽しいゲームでした。

私は個人的に多くの友達を作り、新しいことを沢山学びました。このイベントに参加してとても良かったと感じていますし、また、イングリッシュプラザで同じようなプログラムを後日開催してくれることを願っています。

このイベントでは、参加者がEPのスタッフや初対面の人とつながるなど、複数の目標を達成することができました。これは、Eトラック生とJトラック生の両方が参加して楽しんでいる様子を見たからこそ言えることです。私はイベントを見学していましたが、その興奮と楽しさのレベルは非常に高く、飽きることは一切ありませんでした。気がつけば、私も積極的に参加していたのです。開催者と参加者にとって、このイベントは素晴らしいものであり、大成功でした!

E-Plaza’s Survival Night

Author: Blazee
Editor: Saki Arimoto
Translator: Kotoko

E-Plaza (EP) recently held their event called ‘Survival Night’ on May 13, 2021 via Zoom. The survival event was a series of different and unique activities and games where all the participants contributed and had a pleasant time. They were given an opportunity to meet and connect new people and befriend them.

The event began with an ice-breaking session led by one of the organizing EP staff through a wheel game. The wheel game operated via an algorithm of a program that chose a random question and assigned it to each participant to answer, letting them know a bit more about one another before starting the main content of the survival night.

The theme of the event was set in such a way that the participants were left on a deserted island and had to earn points in coconut units to buy basic survival kits and then to escape from the island. Everyone was provided with 5 mini games where they were able to score coconuts for every correct answer with a group effort.

The order of the games was as follows:

  1. Identify the song: This was the first game where participants were asked to listen to the initial section of some shortlisted songs. They were then asked to identify the song and the singers.
  2. True or False: In this game, some information regarding Japan was given to everyone. The participants’ task was to guess whether the given information was true or false.
  3. Family Feuds: This was a tricky challenge where some hints were given to the participants and based on that hint, they were tasked to guess 10 objects closest to the given hint.
  4. Scavenger Hunt: This was an interesting game because this stage was to know how organized or well prepared everyone was for any foreseen or unforeseen situations. The game proceeded as one of the EP staff of the Survival Night asked participants to show certain things they have such as a water bottle, hand sanitizer and so on. In this stage, coconuts were distributed accordingly.
  5. Trivia about the World: This game was about universal knowledge of the participants. Randomly picked questions were asked and 4 possible options were provided each. Participants were supposed to tell the correct answer from among the provided options in order to earn extra coconuts.

Finally, the last things to do were counting the total number of coconuts earned and using them to buy survival equipment.

After the event ended, some staff were interviewed regarding the survival night. There were lots of insights gathered among which can be read below:

Hai: Every challenge we encountered conducting this event was pre-expected and we were completely prepared to handle it but when we found out how happy and connective it was to the participants, we had to let them enjoy some more and so the event was a bit longer than originally expected.

Victoria: Everything was prepared well and so working hard and seeing all those happy faces made us proud of our efforts. The scavenger hunt was the most interesting game for me because it allowed us to witness how prepared some were and how funnily humorous most were by their shown material.

As for me, I personally made many friends and got to learn many new things. I am glad I joined the event and hope to see similar programs hosted by EP in the coming days.

The event was able to accomplish multiple agendas, including connecting the participants to EP staff, as well as fellow students whom they were completely unknown to. The event also allowed students to escape from all the stress they may have, and this is being said only after the level of participation and enjoyment of the audience from both E-track and J-track was observed. I was present at the event to observe but the level of excitement and joy was so high that I was unable to resist the attraction. Before I knew it, I was participating actively, as well. As an observer and a participant, I felt this night to be a wonderful one and a complete success for the EP event organizing members.

TedxTIUに会おう

著者: Blazee
編集者: 有本早希
翻訳者:Tin D.

あなたはTEDトークが好きですか?TEDxイベントを企画して、TIUで友達の輪を広げませんか?もしあなたの答えが「イエス」なら、新しい強化クラブ「TEDxTIU」のメンバーとしてどのようにTIUコミュニティに貢献できるか、ぜひお読みください!

           TEDxTIUは、TIUの学生が中心となって設立されたクラブで、TIUの学生同士を繋ぎ、彼らの才能を引き出し、一人ひとりが自分自身を表現できるようになることを奨励しています。特に、自分のアイデアを共有したくても、そのためのプラットフォームがまだない学生にとっては最適です。TEDxTIUがあなたをサポートするので、もう心配する必要はありません。

前学期にTEDxTIUに参加した学生たちにインタビューしたところ、次のような回答がありました。

TEDxTIUが主催するワークショップのいくつかに参加したBhutmeeさんは、「TEDxTIUは、自分をさらけ出すことができ、さらに新しい友達を作ることができるプラットフォームです。」と語っています。

TEDxTIUのメンバーであるMikaさんは、「私がTEDxTIUで気に入っている点は、クラブのメンバーが情熱的な人たちで溢れていることです。当初、私がTEDxTIUに参加したのは、友人を増やすためと、TEDxイベントのスピーカーに会うためでした。しかし、前学期のメインイベントでチームと一緒に仕事をしてみて、一緒に仕事をしている人たちに圧倒されました。そのチームの中に私の友人もいましたが、そのプロ意識の高さに驚きました。私も彼らのようになりたい!と思いました。何かに熱中したいのです。TEDxTIUでは自分らしさを出すことができましたし、すぐにチームの一員であることを楽しめる自分がいました。」

クラブの部長であるSakiさんは、「最初は多様性に溢れたTIUコミュニティにふさわしいTEDxイベントを開催しようと考えました。私と数人の友人で組織を立ち上げましたが、サークルを形成することができ、今では強化クラブとなっています。このクラブのおかげで、多くの学生が自分の才能やスキルを活かして成長し、言葉の壁や多様なバックグランドにも関わらず、素晴らしい絆を結ぶことができたと感じました。TEDxTIUの運営チームを代表し、私は、TIUの学生がTEDxイベントや自己啓発のための小さなワークショップを企画し、新たな素晴らしいアイデアを共有したり聞いたりできるプラットフォームを作りたいと思っています。」

                        昨年12月、TEDxTIU運営委員会は、気候危機を取り上げ、理解を深めるためにバーチャルで開催された「カウントダウン」というTEDxイベントを企画しました。6人の著名なスピーカーが、重要でありながら多くの人に知られていないトピックについて、それぞれ独自のTEDxトークを行いました。ユーモアセンスのある司会者のもと、このイベントはTIUコミュニティにとってユニークな体験となました。さらにクールなパフォーマンスも行われました。動画はこちらのリンクからご覧いただけます(https://fb.watch/5nwjkCynB9/)。

           TEDxTIUは成長をし続けており、TIUにゆっくりと根付こうとしています。TEDxTIUが提供するイベントやワークショップに参加して、人生を変えるような素晴らしい体験をしてみませんか?

Meet TEDxTIU

Author: Blazee
Editor: Saki Arimoto

Are you a big fan of TED talks, or perhaps, interested in organizing a TEDx event and expanding your circle of friends in TIU? If your answer is yes, keep reading to read the opportunities TEDxTIU, a new varsity club, provides to the TIU community.

TEDxTIU is an organization established by a number of TIU students for the purposes of connecting other students within TIU, helping them unleash their talent, and encouraging every individual to express themselves. This is especially for students who want to share their ideas but have no platform to do so. No need to worry anymore as TEDxTIU got you covered.

I interviewed some of the students who were involved in TEDxTIU last semester and this is what they had to say…

Bhutmee, who attended some of the workshops TEDxTIU organized, says, “TEDxTIU gives you the platform to expose yourself and make new friends.”

Mika, a member of the TEDxTIU team, says, “One thing I love about TEDxTIU is that the members in the club are filled with passionate people. Initially, I joined TEDxTIU to make more friends and also to meet speakers in TEDx events. However, after working with the team during our main event last semester, I was overwhelmed by the people I was working with. Some of them are my friends but I was surprised by their professionalism. I realized that I wanted to be like them. I want to be passionate about something. TEDxTIU allowed me to be myself and sooner, I found myself enjoying being part of the team.”

Saki, the president of the club, says: “I initially thought of organizing a TEDx event which is very fitting to our highly diverse TIU community. While it took me and a few friends establishing the organization, we were able to form a circle and now, a varsity club, that I believe has helped a great number of students to use and develop their talents and skills, as well as make great bonds despite language barriers and diverse backgrounds. Through TEDxTIU, I, on behalf of the organizing team, hope to make a platform where the TIU students can share and hear new and great ideas through TEDx events, along with small workshops for self-development.”

              Last December, the TEDxTIU organizing committee organized a TEDx event called “Countdown” held virtually to address and understand the climate crisis. Six notable speakers had their own original TEDx talks on topics that matter but are not heard by many. Hosted by eloquent and humorous emcees, the event most certainly provided a unique experience for the TIU community, alongside some cool performances. You can still watch the recording via this link: https://fb.watch/5nwjkCynB9/

              TEDxTIU is still growing and slowly taking root in TIU. Given the opportunities and platform by the group, you should definitely join the events and workshops by TEDxTIU and give yourself a chance to be a part of something wonderful and life-changing.