Overcoming the Pollen Season

Writer: Juri A.

Editor: Prashan J.

Have you ever heard about how many people end up with hay fever? According to a TV program, each person has  an empty container-like structure inside their body, and you accumulate substances that can cause hay fever into it. When the container is full, you get hay fever. This means that every person has the potential to get hay fever. However, according to my research, it was not technically a container. You accumulate antibodies created within your own body in reaction to the pollen that gradually accumulates in your body through your eyes and nose. Once the amount of antibodies reach a certain level, a chemical substance causing an allergic reaction is secreted and hay fever symptoms appear.

くしゃみをしている人のイラスト(花粉症)

I, the writer of this article,  have eventually come to the final phase of having a pollen allergy. I define the final phase as when your eyes feel a bit achy and you sneeze sometimes. Once this state gets worse, then you will have hay fever. (Some people who are in this final phase do not realize that they are at risk of getting hay fever and I used to be one of them too! I have not got hay fever yet.)

Now you might say that you do not want to have hay fever! Worry not, as I have researched some tips to prevent hay fever. 

1Being healthy 

It is important to maintain a healthy immune system by getting a night of good sleep and having a good diet. This is also what you have to typically do in order to prevent catching a cold. 

It might be a little hassle for students living by themselves to prepare their meals considering a balance of nutrition every day because it takes lots of time. One TV program featured a student from Tokyo University who does not have normal meals, but nutrition supplements only in order not to waste his time. I do not personally recommend this. However, taking supplements with meals might be a good idea for hectic students.

2 Maintaining a normal mucous membrane

Inflammation in the mucous membrane can trigger and aggravate your hay fever. Here is the bad news for heavy smokers and alcoholics. Smoking and drinking can damage your mucous membrane. If you are at risk of getting hay fever, it is best that you refrain from smoking and drinking alcohol.

3Avoid absorbing pollen

As I mentioned in the introduction, accumulation of pollen causes hay fever. Therefore, the best prevention must be avoiding the absorption of pollen into your body in the first place. So it is important to wear a mask at all times. Shutting windows and doors properly, and wiping off your clothing before entering the house will help a lot as well. I guess because of this covid-19 situation, the occurrence of hay fever might be reduced greatly since we wear masks and even stay at home.

    If you think you might be at risk of getting hay fever, I recommend you get medical treatment as soon as possible. That can help you to hinder the progress of aggravation. It is always better to take action to prevent symptoms at an early stage before you actually get hay fever. I hope this information helps you.

【Vocabulary】

Hay fever 花粉症 (かふんしょう)

Antibodies 抗体 (こうたい)

Pollen 花粉 (かふん)

Mucous membrane (鼻の粘膜) はなの ねんまく

Inflammation 炎症 (えんしょう)

Secrete 分泌(ぶんぴつ)

References

https://www.ajha.or.jp/guide

https://www.ssp.co.jp/alesion/hayfever/protection/

花粉症対策

著者: Juri A.

変更者: Prashan J.

翻訳者: Karen W.

  みなさんは、『花粉症になってしまう人が多い』という話を聞いたことがありますか?あるテレビ番組によると、『人の体にはそれぞれ空の容器のようなものがあり、そこに花粉症の原因となる物質が溜まっていく』のだそうです。続けて、『その容器がいっぱいになると、花粉症になる』のだそうです。つまり、すべての人が花粉症になる可能性があります。しかし、私の研究によると、花粉症になる原因は厳密には容器ではなかったのです。目や鼻から徐々に体内に蓄積されていく花粉に反応して、自分の体の中で作られた抗体を蓄積していくのです。抗体の量が一定量に達すると、アレルギー反応を引き起こす化学物質が分泌され、花粉症の症状が現れます。

くしゃみをしている人のイラスト(花粉症)

 この記事を書いている私も、結局、花粉症の症状の最終段階まで来ています。私はこの最終段階を、『目が少し痛くなり、時々くしゃみが出るようになること』だと定義しています。この状態がひどくなると、花粉症になります。(この最終段階に入っている人の中には、自分が花粉症になる危険性があることを知らない人もいて、私も以前はその一人でした。 私はまだ花粉症にはなっていないと思っています。)

さて、この記事を読んでいる方の中には、「花粉症になりたくない!」という方もいらっしゃるかもしれません。花粉症にならないための予防策を調べてみましたので、ご心配には及びません。次の段落から花粉症にならないための予防策を見ていきましょう。

1健康でいる事

 良質な睡眠と食生活により、健康な免疫システムを維持することが大切です。また、風邪をひかないようにするためにも、普段から心がけておきたいことです。

一人暮らしの学生が毎日栄養のバランスを考えて食事を作るのは、時間がかかるので少し面倒かもしれません。あるテレビ番組では、『東大生が時間を無駄にしないために、普通の食事はとらず、栄養補助食品だけで過ごしている』様子が紹介されていました。個人的にはあまりお勧めしません。しかし、忙しい学生さんには、食事と一緒にサプリメントを摂るのは健康な免疫システムを維持するためには、良いアイデアかもしれません。

2 粘膜を正常に保つ

 粘膜の炎症は花粉症の引き金となり、症状を悪化させる可能性があります。ここで、ヘビースモーカーやアルコール依存症の方に悪いニュースがあります。喫煙や飲酒は、粘膜を傷つけます。花粉症になる可能性がある人は、喫煙と飲酒を控えたほうがよいでしょう。

3花粉を吸い込まないようにする

 冒頭で述べたように、花粉が蓄積されると花粉症になります。したがって、そもそも花粉を体内に吸収させないことが一番の予防に違いありません。それなので、コロナの感染予防以外にも常にマスクを着用することが大切です。窓やドアをきちんと閉め、家に入る前に衣類のウイルスや埃などを拭き取ることも、かなり効果がありますよ。今はコロナが流行している状況で、家でもマスクをしているくらいなので、花粉症の発生はかなり抑えられるのかもしれませんね。

  もし、読者の方で『 花粉症になるかもしれない』と思ったら、早めに医療機関を受診することをお勧めします。そうすることで、悪化の進行を食い止めることができます。実際に花粉症になる前に、早い段階で症状の予防策を講じておくに越したことはありません。この情報があなたのお役に立てれば幸いです。

【語彙】

Hay fever 花粉症 (かふんしょう)

Antibodies 抗体 (こうたい)

Pollen 花粉 (かふん)

Mucous membrane (鼻の粘膜) はなの ねんまく

Inflammation 炎症 (えんしょう)

Secrete 分泌(ぶんぴつ)

引用元

https://www.ajha.or.jp/guide

https://www.ssp.co.jp/alesion/hayfever/protection/

Preparing for Winter

Writer: Prashan J.
Editor: Trang D.

Hello everyone! How are you dealing with the weather changes? As the end of fall is nearing and winter is approaching, the cold weather in Japan will certainly cause us to adjust our lifestyles accordingly. For those who are experiencing winter in Japan for the first time or those whose least favorite season is winter, this article will contain helpful tips on how to deal with this harsh season.

From Autumn, when the temperature starts to drop drastically, the first and foremost preparation to make is the closet change. Flannels and windbreakers are the musts for the extreme cold during January and February. Winter is also a good time to show off fashionable outfits while staying warm. One more thing that you must keep in mind during winter is the fluctuation and unpredictability of the temperature. In Japan, it’s generally a good habit to check the temperature before heading outside as winter rain is in fact very common here as well. 

Winter outfits

During winter, you must not forget to take necessary health precautions. Especially for people moving from warm countries, it is important to take extra measures. As the humidity adjustments take time to adapt to, prevention is better than cure. For instance, Influenza or flu is one of the most common illnesses in Japan in winter. Most people have a tendency to catch it in late fall. Additionally, skincare is something that shouldn’t be taken lightly as the humidity drops severely when winter comes. Irrespective of gender or age, pocket-sized hand cream and lip balm that are convenient and can be carried anywhere become the most demanding cosmetic products during winter. Moreover, don’t forget to stay hydrated. During winter, the body’s thirst response is lower and we tend to sweat less compared to other seasons. So, you may sometimes be under the wrong assumption that you are better hydrated, which later results in winter dehydration. Insufficient water intake can cause health problems like skin breakouts or peeling. 

Starting from fall, people set out to travel to several tourist attractions around Japan, a country with a phenomenal diversity in nature from mountains to seas. As winter approaches, the tourists start to gather in the colder regions of Japan to enjoy the winter outdoor activities such as snowboarding, skiing, ice skating, ropeways in breathtakingly beautiful locations. Or maybe just relaxing in some hot springs, one of Japan’s most unique destinations in terms of traveling. Hokkaido, Niigata, and Gunma prefectures are the most famous when it comes to such winter activities. Asides from that, the greater Tokyo area starts to put on its festive look with Christmas around the corner. For people with tight schedules, they can go for a short one-day trip to different locations in Tokyo where there is winter illumination. Ebisu and Roppongi Illuminations are very well known among foreign visitors.

Roppongi Hills Illumination

Overall, regardless of how you choose to spend winter or how you deal with the cold, some may still find the conditions of winter somewhat harsh. Nevertheless, it is important to stay warm, healthy and enjoy the winter as much as possible. Hopefully, after reading this article, you have found some useful tips that can make your winter experience a better one!

冬へ向けた準備

作者: Prashan J.
編集: Trang D.
翻訳: Riki H.
原文: 英語

みなさん、こんにちは!最近ではより一層冷え込んでまいりましたが、どのように過ごしていますか?秋の終わりも徐々に近づき、冬が近づいてくると、私たちの生活様式もそれに合わせて調整していくことになります。本記事では、どのようにして、厳しい冬という季節とうまく付き合っていけばよいか、それらを日本の冬を初めて経験される方や、冬が苦手な方のために紹介します。

  気温が急激に下がり始める秋から、何よりもまずしなければならないことは、模様替えになります。1月から2月にかけての極寒の時期には、フランネルやウィンドブレーカーが必需品です。また、冬は暖かくしながら、おしゃれで素敵な装いを披露するのに適した季節でもあります。もう一つ、冬に気を付けなければならないのは、寒暖差が予測不可能なことです。日本では冬になると、晴れの日が比較的多くなります。雲一つない空というのは、日が差し込むため暖かい印象がありますが、実は真逆で、特に午前中はかなり冷え込みます。そのため、外出する前に気温を確認することをお勧めします。

冬の服装

  冬の間に、忘れてはならないのが健康面での対策です。特に、暖かい国からきた人は、特に対策が必要になります。湿度の調整には時間がかかってしまうので、先に対策しておくほうが、かえって治療することよりも良かったりします。例えば、冬の日本のインフルエンザです。多くの人は晩秋にかかる傾向があります。また冬になると、湿度が極端に下がるため、スキンケアも軽視できません。性別や年齢に関係なく、どこにでも持ち運べるポケットサイズのハンドクリームやリップクリームは、冬に最も求められているアイテムです。さらに、水分補給も忘れてはいけません。冬は、他の季節に比べて体の渇きに対する反応が鈍く、汗をかきにくい傾向があります。そのため、時には「のども乾いていないし、水分補給をしなくてもいいや」と油断してしまい、脱水症状を引き起こしてしまうことがあります。水分摂取量が不足すると、肌のデキモノや皮がむけたりするといった健康上の問題が生じてしまうのです。

  秋になると、多様な自然に恵まれた日本では、各地に旅行することがブームになります。人々は冬になると、雪の降る場所でスノーボードやスキー、アイススケート、ロープウェイなどのウィンタースポーツを楽しみます。また日本のもっともユニークな冬の過ごし方として、温泉に行くことも例として挙げることができます。このような冬のアクティビティに関しましては、北海道、新潟、群馬などの都道府県が有名です。これら以外にも、首都圏ではクリスマスを目前に控えると、街は華やかな雰囲気に包まれます。忙しい人は、帰りに都内のイルミネーションを見に寄り道するのもいいでしょう。外国人観光客の間では、恵比寿や六本木のイルミネーションが有名ですよ。

六本木ヒルズのイルミネーション

  冬の過ごし方や寒さ対策に関わらず、冬の環境はやや厳しいと感じる方もいらっしゃるかもしれません。とはいえ、暖かく健康的に過ごし、冬を最大限に楽しむことが大切です。この記事を読んで、あなたの冬の経験をより良いものにするためのいいヒントが見つかること願っています。