Fluency in a Foreign Language

Writer : Tomoya S.
Editor : Karen W., (Juri A.)
Translator: Juri A.

1. Have you ever thought of learning a new language? 

 Back in the day, we did not have so many foreigners in Japan and even did not have many connections with other countries. What about now? The demand for speaking a foreign language has been increasing in proportion with more non-Japanese citizens in Japan, and now Japan has developed to be a so-called “globalized society.” Some of you might have heard someone say, “English will be prevalent more and more in Japan and could be a common language (meaning a language spoken by everybody) in the future.” That might be one of the many reasons why many TIU students are passionate about learning new languages, especially English.

 At TIU, you feel you are speaking well enough, because the listeners, for example, teachers and exchange students listen to you patiently and try to understand you well. However, still, some of you might feel, “I have to speak more fluently.” Therefore, we are going to go zero in on the idea of becoming fluent in another language, particularly in English, and whether or not fluency is important when learning a new language.

2, Advantages of Being Bilingual.

 

 In this section, we are going to look at advantages and disadvantages caused by being bilingual. I think the advantage is widening a circle of your friends, interacting with people from foreign countries, and becoming flexible to intercultural communication.

In my view, most Japanese students tend to make friends after acquiring English speaking skills to some level. However, some also talk to them and challenge themselves even if they don’t feel confident in their English.

 There may not be many disadvantages to being bilingual, but of course, it takes a lot of your time to learn a new language. It is a bit hard to express yourself in a foreign language when communication methods are different from your first language.

How to Successfully Learn a New Language This Year

3. Do we need to be fluent in a second language?

 Lastly, whether all the things you do to become a fluent speaker are worth the effort or not, this topic is still controversial. However, I insist we do not have to become fluent at a language. That is because the purpose of learning a new language is communication and getting the message across. However, perhaps if you speak the language with the proper flow and pronunciation, the listener will be able to understand better.

Language Practice New Edition B2 Student's Book Pack with ...

 This book Language Practice for First covers the ways you better work first in learning a second language. Of course, to be a fluent speaker is not a number one priority, but the book explains speaking fluently is difficult if we mess up our grammar and vocabulary.

 What did you think about this topic? I hope it helped boost your interest in learning new languages, particularly speaking in English or Japanese (if you are an E-track student) with TIU campus community members. I hope we can all overcome the fear of speaking a foreign language!

外国語を流暢に話すこと

著者 : Tomoya S.
編集 : Karen W., (Juri A.)

 “皆さんは、今までに第二言語または第三言語として、母国語以外の外国語を学ぼうと思ったことはありますか?” そもそも外国語を学ぶことと外国語を使ってのコミュニケーションは、違うのか?それに加え、流暢に話せるとどう変わるのかを見ていきましょう!

  1. そもそも外国語を学んだ場合、流暢に話せる必要があるのか?

昔の日本には、今ほど外国の人はおらず、海外とのやり取りが少なかったでしょう。現在の日本では、どうでしょうか?昔より海外の方も増えてきたため、外国語を使う機会が増えてきて、グローバル化の中で、日本は発展してきました。「将来的には英語がより浸透して、英語が日本語同様、常用語になっているかもしれない」と聞いたことがある人もいると思います。そういったことも踏まえて英語学習に熱を注いでいる学生が多いTIUでは、流暢に話せなくても外国から来た先生や留学生が自分の英語をしっかり聞いてくれて、ポイントさえしっかり話せていれば相手が理解してくれて、うまく話せている気持ちになれますよね。しかしそんな中でも、「流暢に話さなければ」と感じる人もいると思います。そこで、今回は外国語、主に英語を流暢に話す必要性の有無について焦点を当てた内容をお送りします。

2,第二言語の外国語を話せるメリット

 ここではまず、母国語以外の外国語を話せるメリットとデメリットについてみていきます。私が考えるメリットは、外国語が話せることで友達の幅・コミュニケーションや、異文化への対応力が断然上がることだと思います。TIUで留学生と友達になる学生は、最初にある程度の語学力をつけてから話しかけて友達になるか、取り敢えず話しかけて勢いで友達になっている人がいると思いました。

 デメリットは特にないと思いますが、外国語を習得するのはやはり大変なことですね。コミュニケーションの取り方も母国語と少し異なり、対応が難しいこともあると思います。

How to Successfully Learn a New Language This Year

3,結局流暢になる必要があるのか 

  最後に「そこまでして外国語を覚えて、さらに流暢になるまで練習しなければならないのか」ということについてです。この件に関しては、沢山の意見があると思います。個人的には、流暢になる必要はないと思います。何故なら外国語を話す目的はコミュニケーションをとることにあるからです。ただ、話す速さにもよると思いますが、発音やイントネーションがスムーズなほうが、相手が理解するのを容易にしてくれると思います。Language Practice New Edition B2 Student's Book Pack with ...

 この本は、人が第二言語を覚える上で、一番最初に行った方がいいとされている方法を紹介しています。流暢になるとは重要ではないと言っていますが、この本の前提として「文法と単語ができていなければ、流暢に話すことは難しい」ということを言っています。

 今回の記事は、いかがだったでしょうか?少しでも外国語への関心が高まり、キャンパスで他の国から来た学生や先生との英語でのコミュニケーションなどが増えればいいなと思います。

他の言語を話す時の恐怖の壁を、少しでも越えてもらえれば嬉しいです!

ソーシャルメディアと暮らす人生

作者:Tomoya S.
編集者:Karen W.&Aika M.

皆さんこんにちは。今回は、誰もがよく使っているソーシャルメディアについて語ろうと思います。私が校内を歩いていると、沢山の人がケータイを見ながら歩いていることが気になりました。今回は、日本で普段皆さんがどのようにソーシャルメディアを使っているのか、この記事で書くことにしました。

最初に「何の目的で使っている」のかについてです。

今や時代も発展してきて、あらゆる分野・種類のソーシャルメディアが出回っています。ソーシャルメディアの利用者年齢層は、20代→10代→30代の順で、やはり若者が多く使っていることが分かります。「何の目的で使っている」のかというと、8割弱の人が友人と交流するために使っていました。それ以外では、暇つぶし、同じ趣味を持つ人を探すため、災害時の情報収集のため、などが主な理由として挙げられています今の若者はテクノロジーに精通しているため、ソーシャルメディアを利用することは全く難しいことではないと思います。

次は「日本の方はどんなアプリorソーシャルメディアを使っている」についてです。下記の情報によると、このような順位になりました。

1位:Line  
2位:Twitter 
3位:Facebook 
4位:Instagram 
5位:Tik Tok 
6位:Pinterest 
7位:Snapchat 
8位:others

ご覧の通り1位がLineでした。先ほども述べた通り、友人との交流で使っている人が多いため、この結果になりました。それ以外のアプリでは、2位がtwitter・3位がFacebook・4位がInstagramになっています。ここから分かることは、写真やコメントを投稿するアプリが、多くラインナップしていることです。それ以外の目的は、エンターテインメントを見るために使っている人が多くいました。例えば、誰かの写真などを見て「そこに行ってみたい」や、「この気持ちを共感したい」など、感じている人が使っています。また、「海外の人と友達になりたい」と思っている人は、snapchatを使う人が多くいます。私たちの大学でも日本語を学ぶことを目的とした留学生の方や、いろいろな国の人と友達になりたいと思っている方がいらっしゃいます。そこで友達を創るための最も一般的な手段として、ソーシャルメディアのアカウントを交換し、そのプラットフォームで会話をすることです!

<SNS実態調査>みんなはどのアプリを使っている?一番使われているSNSや通信量の目安|Think株式会社のプレスリリース (atpress.ne.jp)

最後に、そのソーシャルメディアのメリットとデメリットについてです。まず、メリットは、すぐに情報がゲットできることです。最も便利なことは、すぐにお互いに情報の共有ができることです。例えば、情報を報告したり、宣伝したり、趣味などを共有したりできる事です。

しかしながら、デメリットもあります。は、あらゆる情報が出ていて、どれが本当に信じていい情報か、偽情報がどれか分かりづらいことです。それに、たとえネット上で友達を作りたくても、「自分のプライバシーが守られるのか」や「相手は本当に存在するのか」、などの欠点が挙げられます。
ソーシャルメディアとは?利点や問題点は?種類や具体例をわかりやすく解説 | CHEWY

さあ、皆さんこの記事を読んでソーシャルメディアについて、改めてどう思いましたか??私は、ソーシャルメディアには、沢山のメリット、デメリットがあり、バランスをとることが大事だと思いました。この記事を読んで、このあたりのことを考えてみてもらえたら嬉しいです!

 なぜ、こんなにも若い人達がソーシャルメディアを利用しているのに、ご高齢の方はあまり利用しないのか?なぜ若者は、ソーシャルメディアを使うことで、時間の無駄になっていると実感しているのか?なぜ、ソーシャルメディアは、習慣付いてしまっているのか?これらのことを少し考えてみませんか?

Social Media and Lifestyle

Author: Tomoya S.
Editor: Karen W. & Aika M.
Translator: Trang D.
Original Language: Japanese

Hello everyone. I would like to take this chance to talk about social media, something that we all use on a very frequent basis. One day when I was wandering around the school, I noticed that a lot of people were walking around with their cell phones in their hands without taking their eyes off them. From that experience, for this article, I decided to write about how people usually use social media.

First, let’s talk about “What are the purposes of using social media in Japan?”

Social media has been evolving rapidly, and there are now social media sites for all fields and types. The majority of social media users in Japan are in their 20s, teens, and 30s, indicating that many young people have been using social media. Speaking of their purpose of using social media, we find out that almost 80% of the respondents use it to communicate with their friends. Besides that, some of the main reasons mentioned were to kill time, to find people with similar interests, and to get updated as quickly as possible in fear of any emergency or disaster. I think that young people now are very tech-savvy, so using social media is not challenging to them at all.

The next question is: “What applications or social media sites do you use?”. After doing a survey among several people living in Japan, we have got the rankings as follows:

No. 1: Line  
No. 2: Twitter 
No. 3: Facebook 
No. 4: Instagram 
No. 5: Tik Tok 
No. 6: Pinterest 
No. 7: Snapchat 
No. 8: Others

As you can see, Line ranked first. As I mentioned earlier, the reason for this is that many people use it to communicate with their friends. As for the other applications, Twitter came in second, Facebook third, and Instagram fourth. What we can summarize from this is there are several platforms where you can post photos, videos and leave comments. Other than that, many people used them to look for sources of entertainment. For example, people who see someone’s photo and think “I want to go there” or “I want to share this moment and feeling” are all using the apps. Also, those who want to make friends with people from overseas tend to use Snapchat. To be more specific, in our school, TIU, there are not only several international students whose goal is to learn Japanese but there are also many of those who want to make friends with people from different countries. And indeed, the fastest and most common way to make friends is to exchange social media accounts and start conversations using those platforms.

Quotation source : <SNS fact-finding> Which app are you using? Estimated most used SNS and traffic

Finally, let’s talk about the advantages and disadvantages of using social media. The first advantage is that we can promptly get the information that we need. And the most convenient thing is the fact that we can share information with each other in a flash, from anywhere, at any time. To be more specific, not only can we send out information, advertise, but we can also share our hobbies and interests.

However, we cannot overlook the disadvantages. One of the disadvantages is that there is so much information being posted on social media, and it is really difficult to know which one is true and which one is false. In addition, even if you want to make friends online, there are many concerns over whether your privacy is protected and whether the other person does exist.

<What is social media? What are the advantages and disadvantages? Easy-to-understand explanation and specific examples>

Reading until here, what are your thoughts on social media? I think social media definitely has a lot of advantages, but along with that, many disadvantages. Finding a balance and keeping your social media usage at a moderate level are very important. I hope this article somewhat changed your opinion, and helped you reflect on your social media usage!