Children’s Day

Writer: Karen W.
Translator: Ezekiel K.

Hello everyone. Did you read my last article on “Ohinasama” (Dolls’ Day)? This time, I would like to introduce “Children’s Day,” which falls on the last day of the Golden Week in May. What do you think of when you hear the word “Children’s Day”? Let’s take a look at what kind of event it is, focusing on its origin.

What is Children’s Day?

Children’s Day was originally called “Tango-no-Sekku,” an ancient event that has continued since the Nara period (710-794). The word “Tango” means the first horse day of the month and was not limited to the month of May. As mentioned in the article “Setsubun” on Japanese culture, it was believed in Japan that illness and misfortune were likely to occur at the change of seasons. Therefore, on “Tango-no-hi,” the day of the changing of the seasons, events were held to avoid illness and misfortune. On this day, there were customs of stacking yomogi herbs, bathing orchids, and drinking sake soaked in the iris, which was considered to ward off bad luck. In the Nara period (710-794), the imperial family and their subjects believed that these plants were thought to ward off illness and evil spirits. In addition to this, they used to perform yabusame (horseback archery, a ritual in which the archer shoots a bow while riding a horse) to exterminate bad demons that were believed to bring misfortune.

It is said that it was not until the Edo period (1603-1867) that people began to celebrate the coming of age of boys by decorating carp streamers and “Gogatsu Ningyo (warrior dolls),” as they do today. In the Heian period (794-1185), children played stone fighting with paper helmets decorated with irises. Later, during the Muromachi period (1336-1573), “blow torrents” were erected by attaching a cloth to bamboo poles in the samurai society. These things are considered to be the prototype of today’s “Tango-no Sekku,” but most of them are inherited from the Edo period when the development of doll art and “carp streamers” were started by the merchant class to wish for the healthy growth of their children. The ancient court customs of stacking yomogi herbs, bathing in orchids, and drinking sake soaked in irises to ward off bad luck gradually fell into disuse with the advent of the Kamakura period (samurai society), and thus the style of “Tango-no Sekku” has changed from that of today. Even though the custom changed with the arrival of the male-dominated samurai society, decorating iris leaves was still associated with “Shobu” (to take up arms), and it seems to have changed into an event to celebrate the growth of boys. During the Edo period (1603-1867), May 5 became an important holiday for the Tokugawa shogunate and was dedicated to celebrating the shogun. When a boy was born to the Shogun, a horse marker or banner was erected at the entrance of the Omote Palace of the castle to celebrate.

Reference: https://www.ningyo-kyokai.or.jp/sekku/tango.html

What do we do?

 Generally, two major things are done at Dragon Boat Festival. First, carp streamers and Gogatsu dolls are decorated. As mentioned in the previous paragraph, these have been done since the Edo period (1603-1868).

Reference:https://www.jalan.net/news/article/535583/

How Everyone Spends the Day

Do you know what to do on “Tango-no Sekku,” a part of “Japanese culture”? Here, we would like to introduce how TIU students spend Tango-no Sekku.

Student A: “We eat Kashiwa Mochi (rice cake with sweet red bean paste) and decorate the Kabuto (Japanese warrior’s helmet) at home.”

Student B: “We go to my grandmother’s house and have a family BBQ.

Student C: “I will play with my family at the park because children should play outside energetically”

Student D: “I will take an iris bath to warm myself.

Thank you for reading this far, it seems that TIU students spend more time together with their families than decorating Kabuto and Koinobori (carp streamers). What kind of Children’s Day or “Tango no Sekku” do you spend time on? Have a good time!

子供の日

著者: Karen W.
編集: Kurooto B.

みなさん、こんにちは。前回の「お雛様」の記事は読んでいただけたでしょうか?今回は5月のゴールデンウイークの最終日にあたる「子供の日」を紹介していきます。「子供の日」と言われたら何を思い浮かべますか?今回は「子供の日」とは一体どのような行事なのか、その由来から焦点を当てて見ていきます。

  1. 子供の日とは

子供の日は元々、「端午の節句」と呼ばれ奈良時代から続く古い行事でした。この「端午(たんご)」というものは、月の端(はじめ)の午(うま)の日という意味で、5月に限ったことではありませんでした。日本の文化の記事「節分」でもご紹介しましたが、日本では季節の変わり目は病気や災厄が起きやすいとされていました。そのため、季節の変わり目である「端午の日」では、病気や災厄を避けるための行事が行われていたそうです。この日は、蓬(はす)積みをしたり、蘭(らん)をお風呂に入れたり、厄除けとされた菖蒲(しょうぶ)を浸した酒を飲んだりする風習がありました。奈良時代に皇族やその臣下の人たちは、これらの植物に病気や厄除けの思いが込められていると考えていたようです。それに加えて、災いを呼ぶとされた悪い鬼を退治するために、流鏑馬(やぶさめ・馬に乗りながら弓を射る儀式)を行っていたそうです。

現在のように、「鯉の吹き流し」や「五月人形(武者人形)」を飾り、男の子の成長を祝うようになったのは江戸時代からだそうです。平安時代になると、子供達は菖蒲を飾りにした紙の兜を付け石合戦をしたそうです。その後、室町時代の武家社会では、竹竿に布を貼り「吹き流し」が建てられるようになりました。これらが「端午の節句」の原型とされていますが、現在の「鯉のぼり」という文化は江戸時代から始まりました。江戸時代に、人形芸術の発達や町人階級が子供の健やかな成長を願ったものが「鯉のぼり」でした。古来宮廷で行われていた、蓬積みや、蘭をお風呂に入れたり、菖蒲を浸した酒を飲んだりする風習は、鎌倉時代(武家社会)の到来とともにだんだんと廃れてしまいました。男性中心の武家社会の到来により風習にこそ変化が起きましたが、菖蒲の葉を飾ることは「尚武(武をたっとぶ)」ことにかけられ、「端午の節句」は男の子の成長を祝う行事に変化していったようです。また、江戸時代では5月5日は徳川幕府の重要な祝日となり、将軍をお祝いするように奉じられていたようです。また、将軍に男の子が生まれると、城の表御殿の玄関に馬印(うましるし)や幟(のぼり)を立て祝われていたそうです。

引用元: https://www.ningyo-kyokai.or.jp/sekku/tango.html

  1. 何をやる?

一般的に「端午の節句」では、大きく分けつ二つのことが行われています。一つ目は、鯉のぼりや五月人形を飾ります。これらは前段落でも紹介しましたが、江戸時代から行われているそうです。GWになると、庭先に鯉のぼりが飾られていたり、スーパーで五月人形を見かけることが多くなると思います。青空の下を泳ぐ鯉のぼりは、とてもいい景色なので見かけたらぜひ写真など撮って楽しんでください。

二つ目は、柏という植物の葉っぱでお餅を包んだ「柏餅」を食べたり、菖蒲の葉をお風呂に入れて「菖蒲湯」を楽しんだりします。「端午の節句」の間「柏餅」は気軽にスーパーで買え食べれられますが、菖蒲の葉はあまり身近なお店では売られていないので、どこかでみかけたら「菖蒲湯」に挑戦してみてください。

引用元 2021.02.25

https://www.jalan.net/news/article/535583/

  1. みんなの過ごし方

「日本の文化」の一つである「端午の節句」について、どういうことをやるのか分かっていただけましたか?最後に、TIU生がどんな「端午の節句」を過ごしているか聞いてみましたので紹介します


Aさん:「柏餅を食べて、家にある兜飾りを飾ります。」

Bさん:「おばあちゃんの家に行って家族でBBQをします。」

Cさん:「子供は元気に外で遊ぶのがいいので、家族と公園で遊びます。」

Dさん:「菖蒲湯に入って、身体を温めます。」

ここまで読んでいただきありがとうございました。TIU生の方々は、兜や鯉のぼりを飾ることよりも、家族で一緒に過ごすことが多いようです。皆さんは、どんな子供の日、「端午の節句」を過ごされますか?楽しい時間をお過ごしください。

Recapping the Fall 2021 LEWs

Writer: Karen W.
Editor: Theo F.
Translator: Theo F.

Hi everyone! How is the start of the semester going? Through today’s article, we will be briefly recapping last year’s 3 language exchange workshops for a better understanding of Campus Globalization’s activities. Despite hardships, we were able to hold these small workshops. From the next paragraph, I hope you can see what to expect from future workshops.

  1. Trick or Treat ~Halloween~

The first workshop was held on Halloween in October. Both E-Track and J-Track, dressed in spooky costumes, got together and compared language differences. Games such as quizzes and drawing monsters were held, where everyone shared their own culture. 

Students were then divided into groups and combined their individualities into creating original horror stories. Through these activities, we were not only able to compare cultural differences, but also find common points between cultures.

  1. Making a Habit

The latter half of November was probably stressful for a lot of us, as final exams approached. It was important for us to look back at our daily routines and identify bad habits. This workshop focused on how we can change these bad habits to good ones. 

It was interesting how the number of participants meant that there were as many differences in daily habits. Something could be perceived as a bad habit by some participants, while others could see it as something irreplaceable in their daily routines. Therefore, this language exchange workshop highlighted the differences in thinking and values – it was impossible to decide something as a good habit right off the bat. Through discussions, participants were able to find ways to improve their personal routines for a healthier lifestyle.

  1. Love

Christmas approaches as we step into December. Through this last workshop, participants looked back on how they spent Christmas the previous year as they shared what an ideal Christmas season entails for them. In Japan, it is culturally dominant to spend Christmas with your lover – much to the shock of participants unfamiliar with the Japanese Christmas season.

Next, participants shared their values towards “love”. It was interesting to see how “love” means so differently for different people. We also studied the 5 steps of love languages (https://life-catalog.com/the5lovelanguages): confirmatory language, physical help, presents, quality time, and skinship. Participants shared their views on which of the 5 were more important to them.

Thank you for reading until here, we are also grateful to everyone who spent time with us during these workshops! We will also be hosting language exchange workshops this year, so definitely join us if you are interested! If you have any requests or concerns, do not hesitate to contact us on Instagram: @tiu_sli

異文化交流会(2021秋):振り返り

著者: Karen W.
編集者: Theo F.

 みなさん、こんにちは。春休みはどのように過ごしていましたか?今回の記事は、2021年のCG活動を知ってもらうために、3回行われた異文化交流会についてご紹介していきたいと思います。秋学期は何かと忙しくコロナ禍でありながらも、小規模でしたが3つの異文化交流会を開催することができました。以下、開催順に異文化交流会を紹介します。

1.トリック or トリート・ハロウィン

 10月、ハロウィンの時期に仮装をして開催しました。日本とそれ以外の国を、ハロウィンに類似したクイズ形式で紹介していき、文化の違いを比較しました。

 ハロウィンと言えば”お化け”ということで、参加者にはそれぞれ自分の知っている”お化け”を書いてもらいました。日本人学生とE-TRACK生が参加したため、それぞれ自分の国の面白いモノから怖いものまで、様々なお化けを紹介してもらえました。更に、グループごとに怖い話を作ってもらい、それを朗読してもらいました。これらのアクティビティによって、文化の違いだけではなく、共通点を知ることもできました。

2.習慣の付け方

 11月、秋学期の後半戦に差し掛かり、疲れが出てくるころに開催しました。普段の生活習慣を見直し、悪習慣を良い習慣に変えるにはどうしたらいいか話し合いました。

 参加者の数だけ習慣の違いがあり、ある学生からしたら悪いモノでも、本人からすると欠かせないものだった習慣がありました。そのため、この異文化交流会では人それぞれの考え方や価値観の違いが浮き彫りとなり、一口に「良い習慣、悪い習慣」と決めることはできないことを認識しました。そんな中でも、自分の習慣を見つめ直しよりよい生活を送れるように話し合いました。

3.愛

12月、クリスマスの時期に開催しました。参加者の去年の過ごし方や理想のクリスマスをシェアしあいました。日本では、「クリスマスは恋人と過ごす」、「チキンを食べる」など、E-TRACK生から驚きの声が上がりました。

そして、一人一人の「愛」についての価値観を共有し合いました。愛についての価値観は人それぞれであり、ところどころ似た意見を持っている人もいます。日本人にはなじみの浅い「ラブランゲージ〜愛を伝える5つの方法〜」が紹介されました。この「ラブランゲージ」は、「1. 肯定的な言葉」「2.手 助け・ヘルプ・サービス行為」「3.贈り物・ギフト」「4. クオリティタイム」「5. スキンシップ」には5つの方法があります。引用元https://life-catalog.com/the5lovelanguages

参加者にどの方法を重要視するのか話し合ってもらい、共有し合いました。

 ここまで読んでいただきありがとうございました。参加してくれたみなさん、楽しい時間を共有できたので、ありがとうございました。2022年も異文化交流会を開催するので、ぜひ参加してくださいね。何か取り扱って欲しい内容がありましたら、インスタのアカウント@tiu_sliからお願いします!

卒業式 – 2022春

Writer: Karen W.  
Editor: Theo F.

冬の寒さが和らぎ、春の暖かさを感じ始めた今日この頃、3月12日はTIUの春入学者の卒業式でした。多くの卒業生がスーツや袴(はかま)を着て、晴れやかな表情を浮かべ式に参加されました。そんな卒業式の様子をみなさんにお伝えするべく、記事を書くことにしました。

 実際に卒業式に参加することは出来なかったため、卒業生にインタビューをしてその様子をお伝えしていきます。インタビューに答えてくださった先輩方は、元CGメンバーのJ-TRACK生とE-TRACK生、三年生で早期卒業をしたESSの先輩、そして卒業生代表を務めていたJ-TRACK生の先輩の4人です。

左がことこさん、右がみかさん

・元CGメンバーのJ-Track4年生:ことこさん

卒業式の感想:

「大講堂から参加しました。理事長先生や学長先生から、素晴らしいお言葉をかけていただき、祝電では予想外の方からもお言葉をいただき驚きました。卒業生代表に私の知り合いが選ばれたので、尊敬と共に誇らしい気持ちになりました。とてもいい卒業式になりました。」

学生生活の思い出:

「いろいろありましたが、一番の思い出は4か月間のオーストラリア語学留学です。語学学校で多種多様な生い立ちを持った人達と交流を深めることで、自分の悩みやこれからの事が鮮明に見えてきたので、すごく良い体験ができました。」

部活やインターンの思い出:

「学生インターンのCGにコロナが流行し始めた後に、一年間参加しました。はじめ、日本人が自分一人しかいなくて戸惑うことも多かったですが、メンバーのサポートもあり、やり遂げるとこが出来ました。」

後悔していること:

「ここで後悔していることを上げるとダサくなると思うので特にないんですが、『学生の間にやらなければいけない』ということは特になく、社会人になってから挑戦することとしてやっていけばいいだけだと思います。」

卒業後の予定:

「旅行に行くかもしれないですね。」

・元CGメンバーのE-Track4年生:みかさん

卒業式の感想:

「卒業式に遅刻してしまったので、大講堂ではなく、112教室で映像を見ることが出来ました。コロナのパンデミックの中でも、卒業式に参加できたことは、特別な経験になりました。」

学生生活の思い出:

「TED×TIUの部活に所属している間、多くの才能と努力を持った人たちに出会ったことです。彼らとTIU初の2つのTED×イベントを開催するという目標に向かって、協力し合うことが出来ました。」

部活やインターンの思い出:

「学生インターンのPAに所属して、多くの留学生の日本での生活の手助けを行いました。さらに、同じく学生インターンのCGでは、大学をよりグローバルな環境にするために活動しました。また、人材紹介会社でインターンシップを経験しました。」

後悔していること:

「私は4年生の後期だけしか就活をしなかったので、少し始めるのが遅かったと後悔しています。3年生の後期から就活に取り組むことをお勧めします。」

後輩へのアドバイス:

「大学生活を楽しむためには、色々なことに参加することが大切です。その活動の中、頑張りすぎずに、ほどよく力を抜きながら賢い選択をしていくことが大切だと思います!」

・元ESSの部長J-TRACK3年生:主輝さん

卒業式の感想:

「清々しかったです。」

学生生活の思い出:

「部活はESSに参加していました。友達の誘いで加入したが、留学生といろいろな話をすることが出来ました。ESSで知り合った人たちと遊べたことは、間違いなく大学生活を充実させました。

学生スタッフのオープンキャンパスに参加しました。この学生スタッフを通して、横のつながりがたくさんできて友人関係の幅が広がり、後日食事に行けて楽しかったです。また、高校生に対して大学の魅力を伝えることは、自分自身この学校に進学してよかったと思えたので、この学生スタッフはよい経験になりました。」

後悔していること:

「もっと遊びたかった。」

学生の中にやってよかったこと:

「常に何か目標を持つこと。」

後輩へのアドバイス:

「大学生活は自分でいろんなことを決めることが出来るので、充実させるかどうかは自分次第です。」

・卒業生代表J-TRACK4年生:早希さん

勉強と学外活動を両立させる方法:
「学業、部活、バイトの優先順位を決めて生活をしていました。優先順位の高いものは学業で、部活は吹奏楽団に参加していて演奏会が近い時だけ学業よりも優先していました。バイトはできるときにしていました。」

苦労していたこと:

「吹奏楽団の団長を務めましたが、コロナ禍だったので部員が思ったように集まらなかったので、演奏会に向けてどうやって演奏のクオリティを上げていくか、工夫したことが大変でした。また、先輩方から部活を引き継いだ時、上手く情報伝達が行われなかったため、大変なことが多かったです。それでも、後輩や先生方都の出会いが会ったから、貴重な経験をすることが出来たので、すごくよかったです!」

後悔していることと良かったこと:

「学業、部活、バイトをしていたので、他の学生のように遊ぶことが出来なかったので、夜まで遊びたおすという経験がなかったので残念でした。留学先でも遊ぶことよりもボランティア活動を優先させていたので、沢山の貴重な経験が出来ました。それに、これらの体験から私の視野や世界が広がり、すごくいい体験ができました。」

後輩へのアドバイス:

「大学生活の4年間は本当にアッというまに過ぎていきます。『やらない後悔よりやる後悔』少しでも気になったことがあったら、なんでもチャレンジしてみてください。応援しています!」

 インタビューに協力してくださった4人の卒業生のみなさん、ありがとうございました。在校生のみなさん、卒業生の方々の学生生活は参考になりましたか?今回インタビューした方以外にも、面白い経験をした方は多くいると思います。何かの機会で卒業生の体験を聞けるようなことがあれば、自分の学生生活を充実させるために参考にしてみてください。みなさんのこれからの生活がより良いものとなりますように、この記事を終わりにしたいと思います。

Graduating in Spring (2022)

Writer: Karen W.
Editor: Theo F.
Translator: Theo F.

With the winter cold slowly escaping, the advent of spring was welcomed as TIU hosted its graduation ceremony for spring graduates on the 12th of March. Equipped with suits or traditional Japanese clothing, graduates wore pleasant expressions on their faces as they attended the ceremony. In order to record such a fascinating event, I decided to write an article about it.

Although I was not able to attend the ceremony itself, I was able to interview four distinguished graduates: Kotoko and Mika, former CG interns, Kazuki, an ESS junior who was able to graduate early with his extraordinary grades, and Saki, the representative of all graduates.


Pictured left: Kotoko; pictured right: Mika

Former CG J-Track Senior: Kotoko

Thoughts on the ceremony:

“I joined the ceremony remotely through a classroom. It was great that we had some great speeches from the principal. I was surprised as it was revealed that former Japanese president Abe Shinzo sent us a congratulatory letter, but it was overall an amazing ceremony. One of the graduate representatives was my acquaintance, so I was really proud of them.”

Memorable parts of university life:

“I have a lot, but the most outstanding one definitely has to be the 4 months I spent in Australia for language studies. Through the language school, I was able to practice culture exchange with different people, which helped me realize my problems. It was a great experience.”

Working as a student intern:

I joined Campus Globalization for a year right after COVID-19 started spreading. At first, since I was the only Japanese member I felt a bit discouraged, but thanks to the support from other members, I was able to enjoy myself as I fulfilled my duties as an intern.

Regrets from university life:

“That is a bit embarrassing to talk about here so I’ll just say that I don’t have any in particular. But yeah, I feel like you don’t really have things that you MUST do during your university life, since for most things you can still do them after you graduate.”

Plans after graduation

“I’ll probably travel somewhere.”

Former CG E-Track Senior: Mika

Thoughts on the ceremony:

“I was late for the ceremony, so I was not able to go to the Grand Auditorium but I was able to watch it in room 112. It was a special experience graduating during the COVID-19 pandemic.” 

Memorable parts of university life:

“The most memorable moment of my student life was during my stay at TEDxTIU where I met a lot of talented and hard-working people. I was able to interact with people and work together towards a common goal – hosting the first two TEDx events here at TIU.”

Club activities and internships:

“I was part of Peer Assistants where we assisted a lot of international students. I was also part of Campus Globalization where we worked towards making the university more global. I also did an internship at a recruitment firm.”

Regrets:

“I regret doing job-hunting a bit late, only during the last semester of my 4th year. I suggest working on job-hunting as early as during your third year second semester.”

Advice for juniors:

“In order to enjoy university life, join a lot of things but don’t work too hard, be smart about your choices.”

Former ESS President J-Track Junior: Kazuki

Thoughts on the ceremony:

“It was refreshing.”

Memorable parts of university life:

“I was part of ESS. I was invited by a friend to join and it was a place where I could have conversations with international students. For me, having been able to hang out with people I met through ESS definitely gave me a fulfilling student life.

I was also a student staff member during open campus sessions. Through this internship, I was able to meet a lot of new people and even grab food with them on day offs. I was also able to let prospective students know the charm of TIU as I was also really glad that I came to TIU.”

Regrets:

“I wish I had more fun.”

Something you didn’t regret:

“I had a clear goal throughout my student life.”

Advice for juniors:

“As an undergraduate you are in control of most parts of your life, whether or not you get to live a fulfilling student life is up to you.”

Former Wind Orchestra President J-Track Senior (Graduates’ Representative): Saki

Balancing academics and extracurricular activities:

“I had sorted my life between academics, club activities, and part-time work. I chose to prioritize academics, but whenever I had a concert I would prioritize practicing at the orchestra. As for part-time work, I only did it during my free time.”

Something you found difficult:

“I was the president of the TIU’s wind orchestra. Due to COVID-19, we were not able to have as many members as we needed. Additionally, it was really difficult to search for ways to improve the quality of our sound as concert dates approached. When my upperclassmen graduated, they did not really give us any clear directions to manage the orchestra, so it was really difficult for us. However, it was a fantastic experience being able to meet new people through this position.”

Something you regret and something you didn’t:

“I immersed myself in academics, club activities, and part-time jobs, so I wasn’t really able to have as much fun as other students probably have had. During my exchange study in the US, I also prioritized volunteer activities over having fun. However, thanks to that my horizons were broadened and I grew a lot as a person.”

Advice for juniors:

“The four years you spend in university pass quicker than you would imagine. To regret doing something is always better than to regret not doing it. Whenever you feel like you want to try something out, don’t be afraid and make that first step forward!”

Once again, congratulations and a great thank you to the four graduates who allowed us to feature them in this article. I hope this article gave you some new insight for your student life. I’m sure that other than the four graduates featured in this article, there must be other graduates with interesting experiences to share. If you have the chance, try using their advice to change your student life by making it a more fulfilling experience!

Recommended Campus Spots

Writer:Karen W.
Editor:Aika M.
Translator: Theo F.
Original Language:Japanese

 Hey there! Good job with getting the first half of the semester over with! Up until now, I have mainly been writing about Japanese culture, but today I would like to introduce some spots on campus where you can relax and hangout with friends! Since TIU has two campuses, let me first start with Campus 1!

1. Campus 1

  • The Cafeterias 

There are two cafeterias on Campus 1. The first is located on the second floor of Lecture Hall 1, and offers a wide variety of Asian Halal dishes. The other is located on the first floor of Lecture Hall 4, and offers a wide variety of Japanese food, including ramen, rice bowls, and omelets. Sofas come in different shapes at the cafeterias, making it a comfortable place to spend time with friends.

  • Japanese Plaza

Located on the second floor of Lecture Hall 2, the Japanese Plaza is easily accessible as it is connected to stylish wooden steps outside the building. Many students use this place to study. The plaza also hosts the International Exchange Office and the Japanese Culture Research Center.

  • Student Lounge

The Student Lounge sits behind Lecture Hall 1. Students usually use this place to eat, chat, and study. Since there are also relatively many international students hanging out here, the Student Lounge is a good place for students who might want to make friends with international students.

  • Open Spaces

There are benches in various places: in front of Lecture Hall 3, next to Lecture Hall 4, across the gymnasium, and in front of Lecture Hall 1. On days with good weather, these benches make for a pleasant place to enjoy time with friends.

2. Campus 2

  • The Cafeteria

Here you can enjoy a variety of dishes not available on Campus 1. This cafeteria, with its wide perimeter and long tables, makes a nice atmosphere to spend time in.

  • Student Lounge

Located below the library, the Student Lounge equips itself with comfortable chairs perfect for a relaxing afternoon.

To end, I would like to share some good spots for students who prefer peace and want to focus on their work.

Located on Campus 1, the English Plaza offers sessions with GTI teachers and plaza interns where you can practice your English. Services are available during weekdays from 11:40 to 17:00, so do not hesitate if you want to challenge yourself!

  • English Plaza Library

Hidden above the English Plaza, the library hosts a variety of books in different languages. You can also find the same library on Campus 2 and both libraries require student verification as you enter, so don’t forget your student ID! There are also many desks, making it a great place for students who want to study.

  • Grand Auditorium

The Grand Auditorium is the biggest “room” on campus and it is currently open for students who want to focus at a quiet place.

Thank you for reading until here! I hope that this article will make it easier for everyone who wishes to use TIU facilities! I hope you have an enjoyable time on campus and wish you luck in finding the best spot for yourself!

キャンパスで友達とのんびりできる場所

著者:Karen W.
編集者:Aika M.

みなさん、こんにちは!秋学期も後半に差し掛かってきました。私は、いつも日本の文化(特に食文化)を中心に記事を作成していますが、今回はTIUで学生がのんびりできる場所を紹介します。TIUは、キャンパスが2か所あるので、それぞれおすすめの場所を紹介します。

1. 第一キャンパス

第1キャンパス 食堂
  • 食堂:第一キャンパスには食堂が2か所あります。一つは、一号館の2階にあり、アジア料理のメニューが豊富な食堂です。もう一つは、4号館の一階にあり、ラーメンやどんぶりもの、オムライスなど、日本食から養殖まで幅広いメニューがあります。4人掛けのソファから長テーブルまで、様々な種類があり快適に過ごすことが出来ます。
  • J-PLAZA:J-plazaは、2号館の2階にあります。入り口が外階段とつながっているため、入りやすい作りになっています。ここでは、勉強をするために利用している学生が多いです。国際交流課や日本文化研究所もあります。
  • 学生ラウンジ:多くの人が利用していて、食事をしたり、雑談をしたり、勉強をしたりする人もいます。比較的留学生が多いので、留学生の友人を作りたいと思っている人におすすめの場所です。
  • 中庭:様々な所にベンチがあり、3号館前、4号館前、体育館前、一号館前にあります。天気の良い日にはベンチで気持ちよく過ごすことが出来ます。
中庭
体育館前 ベンチ
2号館 テラス

2. 第2キャンパス

第2キャンパス 食堂
  • 食堂:第一キャンパスとはまた違った料理を食べることができます。ここも机が多く広いので、おすすめの場所です。
  • 学生ラウンジ:図書館の下にあります。椅子がありゆったり過ごすことが出来ます。

3. そのほかのおすすめの場所

最後に紹介するのは、のんびりできる場所ではなく、集中したいと思ったときにおすすめの場所になります。

  • E-PLAZA:ここではGTIの先生方やPEPメンバーと英語で会話をすることができます。自分のスマホから「tiu.gti」と検索すると、英会話を予約できるページに飛ぶことができます。月曜から金曜まで、11:40〜17:00まで利用可能な場所なので、興味のある方は挑戦してみてください。
  • 図書館:E-PLAZAと同じ建物の2階にあります。和書から洋書、他言語の本まで様々な種類の本があります。第二キャンパスにもあり、取り揃えてある本の種類が違うので、どっちも利用してみて下さい。両キャンパスで、入館するとき学生証が必要になるので、忘れずに持ってきてください。また、2階から3階まであり、机も多いので、勉強するのに最適な場所です。
  • 大講堂:4号館の2階にあります。現在、誰でも勉強したい人のために解放されています。
第1キャンパス 大講堂

ここまで読んでくださりありがとうございました。この記事を読んで、みなさんが少しでも気軽にTIUの施設を利用できるようになったらうれしく思います。ぜひ、楽しいTIU生活をお送りください!みなさんにとってのベストスポットが見つかりますように…!

New Year Festivities

Writer:Karen W.
Editor:Aika M.
Translator: Theo F.

How is everyone spending the winter in Japan? Winter in Kawagoe is characterized by wind chills – not much snowfall but many sunny days. Although in mountainous regions next to the Sea of Japan and the plains on the Pacific side within Saitama, there are also some places where it snows incredibly. Today I would like to introduce the winter event, “Oshogatsu,” which is essential for the beginning of the year in this diverse country.

1.) What is “Oshogatsu”?

In Japan, Oshogatsu generally takes place from the 1st of January till the 7th of January, although depending on the region there are also places that celebrate Oshogatsu until the 25th of January. On New Year’s Day, it is said that the God of new year will visit and bless each and every family. This God is said to have connections with the God of ancestors, the God of rice paddies, the God of mountains, the God of childbirth, and the God of harvest. As a result, Japanese families do their big cleaning on New Year’s Eve as a symbol of cleansing and in order to welcome the god of new year. There are also other events on this day, but next I would like to share my new year experiences as a Japanese person.

Insert:お正月にすることは?正月とは?行事由来・過ごし方【決定版】 [暮らしの歳時記] All About

2.)  My experiences

Before New Year’s Eve, my family members gather and make “mochi” (rice cakes)  and “ozoni” (a soup that contains rice cakes and vegetables). We also make preparations for “osechi” – a dish with different staple ingredients like shrimp and rolled omelettes that is eaten on New Year’s Eve and New Year’s Day.

On New Year’s Eve, we clean the house and prepare to eat “year-ending soba” as the countdown begins. When the clock strikes 12, we visit temples to ring a bell that signifies the beginning of a new year. 

On New Year’s Day, we sit in the yard as the “first sunrise” takes place. I would also like to note that some people also prefer to climb Mt. Fuji to witness this spectacular moment. In the morning, we go to shrines with our family and friends to pay our respects to the gods for a safe and happy new year. This is also where we buy traditional protective charms.

On the following morning, we wake up and share our ambitions and wishes for the year as a family. Using ink brushes, we write our goals for the year on a piece of paper. Next, we visit relatives and receive pocket money.

Since we had a lot of different delicacies, on January 7, we rest our bodies by having soup that contains seven different types of healthy vegetables. On January 11, we eat “kagami mochi” – two mochi stacked on top of each other that is a symbol of safety and health. 

During these festivities, some families prepare a “Kadomatsu” (made of pine and bamboo) to be placed at the front door. Furthermore, new year letters used to be a huge tradition where we send and thank people who have been a part of our lives for the past year. However, since the evolution of technology has been allowing us to send messages through devices, hardly anyone writes these letters nowadays. 

For others having lived in Japan, what kind of new year traditions have you had? I’m sure there are many things that you have heard of and some that you might not have. If you are interested, don’t be afraid and try to feel the Japanese culture!

3.) Other New Year experiences

Before we end, I would like to share some findings from the interviews I have had with other Campus Globalization members!

From Japanese members:

“Family members gather and adults hand out New Year money to children.”

“We celebrate by pounding rice cakes and cooking Osechi.”

“We have fun by holding Karaoke and Bingo contests.”

“Family and friends go to temples to make wishes to the gods, we also buy charms.”

From a Macanese member:

“We celebrate by having a fireworks contest where the most creative show wins.”

From an Indonesian member:

“We have fun by travelling to different places with friends.”

From a Sri Lankian member:

“We go see fireworks with friends.”

From a Vietnamese member:

“We clean the house and see fireworks with the family. We also visit the neighbours to receive money.”

How did YOU spent your new years this year? I hope that this article was informative and gave you some inspiration for the next New Year’s! Happy New Year!

お正月

著者:Karen W.
編集者:Aika M.

みなさん、日本の冬はどうお過ごしでしょうか。川越の冬は、風が冷たくて雪があまり降らず、晴れた日が多いのが特徴です。日本海側の山間の地域や、埼玉が属する太平洋側の平野の地域では、信じられないほど雪が降る場所もあります。そんな日本ですが、今回は一年の始まりに欠かせない冬の行事、「お正月」について紹介します。

1. お正月とは

お正月は、1月1日~1月7日の間を指します。地域によっては、1月25日まで続くところもあります。日本では、1月1日を「元旦」と呼び、この日は一年の幸福をもたらすために「年神様」が各家庭に降臨すると考えられています。この年神様は、祖霊神、田の神、山の神、子孫繁栄や五穀豊穣に深く関わると考えられ、人々に健康や幸福を授けるため「正月様」「歳徳神」とも呼ばれています。この神様をお迎えするためや、「すす払い」の意味を込め一年の汚れを落とし、気持ちよく一年を過ごすために大掃除をします。他にもお正月には多くのことを行います。次は、私がお正月にやってきたことを説明します。

引用元:お正月にすることは?正月とは?行事由来・過ごし方【決定版】 [暮らしの歳時記] All About

2. 私がお正月にやること

私の家では、大晦日(12月31日の夜)の前(12月28日から30日)の間に、家族と一緒に「お餅つき」をして、お正月に食べる「お雑煮」や飾りの「鏡餅」を作ります。これが終わったら、お正月に食べる「おせち」の準備をします。大晦日になったら、「大掃除」をして「すす払い」を行い、夜新年を迎えるときに食べる「年越しそば」の準備をします。夜の12:00になるとお寺が「除夜の鐘」をならし、新年を迎えます。

元旦(1月1日)の明け方になると、東の空から太陽が昇り、「初日の出」を眺めます。私は、庭先から「初日の出」を見ますが、人によっては富士山に登ってみる人もいます。家族や友達と神社に行って、神様に一年無事に過ごせるように「初詣」にいったり、おみくじやお守りを買ったりします。そして、1月2日の朝「初夢」の話を家族として、どのような一年になるか、どのような一年にしていきたいかについて話します。このとき、習字道元旦(1月1日)の明け方になると、東の空から太陽が昇り、「初日の出」を眺めます。私は、庭先から「初日の出」を見ますが、人によっては富士山に登って見る人もいます。家族や友達と神社に行って、神様に一年無事に過ごせるように「初詣」にいったり、おみくじやお守りを買ったりします。そして、1月2日の朝「初夢」の話を家族として、どのような一年になるか、どのような一年にしていきたいかについて話します。このとき、習字道具を使って墨のついた筆で半紙に、一年の抱負を書きます。人によって異なりますが、私は1月2日には一年ぶりに親戚の家に行き、お年玉を貰って雑談をしたり、おせちをごちそうになったりします。そして、1月7日になったら、お正月に沢山料理を食べたので、胃腸を労わるために「七草粥(せり・なずな・ごぎょう・はこべら・ほとけのざ・すずな・すずしろ)」を食べます。1月11日には、「鏡開き」と言って、「鏡餅」を食べて、無病息災を祈ります。

玄関先に置く松と竹でできた「門松」や神社で見かけるような「しめ縄」を用意するご家庭もあります。元旦を迎える前に、一年間お世話になった人に「年賀状」というはがきを送ることがあります。しかし最近はスマホを使って新年の挨拶を済ませてしまうため、ほとんど年賀状を書いていません。1月15日には、「小正月」と言って小豆粥を作り、お正月に「書初め」や「門松」などの正月飾りを燃やす「左義長」を行います。

3. 様々なお正月

最後に、このウェブサイトを管理しているCGメンバーに、どのようなお正月を過ごしてきたか、インタビューをしました!

 日本人メンバー:

「親戚たちが集まって、大人から子供にお年玉が渡されます」

「おせち料理やお餅つきをして、お正月の食べ物を楽しみます」

「カラオケやビンゴ大会などして、楽しく過ごします」

「家族や、友達と一緒に大晦日から元旦まで、神社やお寺に行って、神様に御願い事したり、お守りやおみくじを買ったりします」

マカオ出身メンバー:

「マカオでは毎年一番破壊力が高かった花火が優勝する花火コンテストが行われてます」

インドネシア出身メンバー:

「友達といろんな場所に行き、楽しく過ごします」

スリランカ出身メンバー:

「友達と花火を見に行きます」

ベトナム出身メンバー:

「大晦日は家族と家で大掃除をして、花火を見に行きます。元旦は近所を巡ってお年玉をもらいます。親戚の家に行ったり、友達と過ごしたりもします」

 さて、みなさんはどのようなお正月を過ごしてきましたか?今年はどのようなことをしましたか?ぜひこの記事を参考にして、次回ももっと楽しいお正月を過ごしてください!