ホワイトデー

著者:有本未佳
編集者:有本早希
翻訳者:ことこ

世界各国のバレンタインは男性もしくは女性がチョコレートや花束を人生で大切な人に愛の証として渡します。日本のバレンタインは主に女性から男性にチョコレートを渡します。面白いことに、日本でバレンタインチョコをもらった男性はホワイトデーと呼ばれる日(バレンタインから一か月後の3月14日)にお返しをする習慣があります。

最近になり、このように男女別の祝い事は、徐々に少なくなっています。(Lufkin, 2019). 日本における社会的男女の役割の進歩だけが理由ではありません。ただ単に習慣としてチョコレートを配る女性も少なくなり、また、お返しをする男性も少なくなりました。(Lufkin、2019

バレンタインの意識が薄れてきているとはいえ、多くの人が今でもお祝いを続けています。私はTIU生にホワイトデーにお返しをしたか、しなかったか、また、もししていたらその感想聞くために取材しました。

スウェーデン出身のAndreas さん (国際関係学部3年) と日本出身のカホさん

今年恋人とホワイトデーを祝いましたか?

Andreasさん: 特に祝いませんでした。ですが、彼女に花束を贈り、ホワイトデーの数日前にバレンタインデーで残ったチョコレートを一緒に食べました。

インドネシア出身のAndriさん (経済学部1年生) と同じくFarisさん

今年恋人とホワイトデーを祝いましたか?

Andriさん: いいえ。というより覚えていないです。バレンタインすらインドネシアではあまり祝わないです。

 私の恋人はホワイトデーにバレンタインチョコレートのお返しとしてお菓子やチョコレートをプレゼントしてくれました。ただ、当日、彼がホワイトデーを忘れていたのは確かです。そこで、「今日はホワイトデー」とヒントをちりばめました。彼は結局コンビニで適当なチョコレートとお菓子を買ってきて、私にプレゼントしてくれました。

 インタビューを通して分かったことは、日本では全員がホワイトデー、バレンタインを祝っているわけではないということ。バレンタインデー、ホワイトデーは徐々にカップルの日という定義から非習慣になってきています。どうやら、若者の間でホワイトデー・バレンタインデーの考え方が変わってきている。また、社会からのプレッシャーや期待も薄れてきているようです。

White Day

Author: Mika Arimoto
Editor: Saki Arimoto

On Valentine’s Day, in most countries, men and even women give chocolates or flowers to important women in their lives to show their appreciation of love. In Japan, mainly women give men chocolate on Valentine’s Day. Uniquely in Japan, all men who receive chocolates on Valentine’s Day have to return the favor on White Day which is celebrated on March 14, a month after Valentine’s Day. 

Recently, these gender-specific holidays are declining and fewer people are participating in this gift-giving-back culture (Lufkin, 2019). Not only has the progress of gender roles in Japan caused the decline but also fewer women are giving out chocolates due to practicality and fewer men are giving them back (Lufkin, 2019). 

Although there is a decline in popularity, many people are still celebrating it. I asked some of the students in TIU whether they have celebrated White Day and if they did, how they celebrated it.

Andreas from Sweden (3rd year IR student in TIU) and Kaho from Japan

Did you celebrate White Day with your girlfriend this year?

Andreas: We didn’t celebrate it much, but I got her some flowers and ate left-over chocolates from Valentine’s Day together a few days prior to the actual White Day.

Andri from Indonesia (1st year BE student in TIU) and Faris from Indonesia

Did you celebrate White Day with your boyfriend this year?

Andri: No, we didn’t even remember. We also rarely celebrate Valentine’s Day in Indonesia.

From my personal experience, since I made chocolates during Valentine’s day, my partner bought me chocolates and candies on White Day. During the day itself, I gave some hints to indicate that “today is White Day” because I knew he forgot it. He ended up buying me random chocolates and candies from a convenience store.

Based on the interviews, not everybody celebrates White day or even Valentine’s Day in Japan. These holidays became less and less customary and do not solely define the romance of couples. It is said that these holidays are being rebranded by younger generations — less pressure and expectations from society. 

TIU寮での生活

著者:有本未佳
編集者:有本早希
翻訳者:Tin D.

遠く離れた場所での生活は大変ですし、寮での生活も初めてのことばかりで圧倒されるかもしれませんが、心配することはありません。あなたのためにサポートがあります。

TIUでは、様々な国からの留学生のために一年間住める寮を用意しています。現在、霞ヶ関、北坂戸、上福岡に国際寮(インターナショナルハウス)があります。一人暮らしの人専用の寮と相部屋タイプの寮があります。

寮の元入居者にインタビューを行い、TIUの寮に住んでいた経験を語ってもらいました。

Khan Hoa Nguyen (国際関係学部3年生・R5元入居者)

寮生活の1年目はどうでしたか?

とても良かったです。プライベートルームがなく、スペースを区切る壁がないですが、ルームシェアに問題はありませんでした。

生活費の予算を守るにはどうすればいいですか?部屋はどうやってきれいに保ちましたか?

大学1年生のときにアルバイトをして、JASSOの奨学金にも応募していたので、予算内に収めることができました。部屋をきれいに保つために、私は毎週、カーペットに掃除機をかけたり、カーテンを交換したりしています。また、寮の管理人もいて、特に共有スペースをきれいに保っていました。寮を清潔に保つだけでなく、寮長は私の洗濯を手伝ってくれたので、時間の節約にもなりました。

Trang Do (経済学部3年生・R1元入居者)

寮生活1年目はどうでしたか?

幸いなことに、同じ高校の友人たちがいつも一緒にいてくれたので楽しく、それほど寂しくもありませんでした。また、RAが日本人の管理人とのコミュニケーションをサポートしてくれたので、寮生活が楽になりました。

生活費の予算を守るにはどうすればいいですか?部屋はどうやってきれいに保ちましたか?

寮にはありがたいことに、学生用の掃除機が用意されているので、私は部屋をきれいに保つことができました。また、ルームチェックがあるので、部屋をきれいにしておくようにプレッシャーをかけられました。予算を守るために、私は自炊したり、弁当を作ったりして、お金を節約するだけでなく、健康を維持することもできました。

また、寮の管理人以外、留学生がTIUと日本での生活に慣れるためのサポートをするレジデント・アシスタント(RA)がいます。詳しい説明は、現役のRAに聞いてみました!

Naoki Moriyama (国際関係学部・大学院1年生)

RAの仕事とは?

RAの仕事は、乾燥機、キッチン、洗濯機、ゴミ捨て場など、寮内の設備の使い方を説明することです。また、言うまでもなく、外国での生活、特にコロナウイルスの時代には、非常に厳しいでしょう。そんな中で私たちは、皆さんが何でも相談できる友人になりたいと思っています。

なぜRAになったのですか?

私は、SLIのインターンシップの一つである「Peer Assistant」というチームの一員として、約2年間、多くのE-Trackの学生をサポートしてきました。RAもまた、困っている人たちを助けることができる素晴らしいチャンスだと思います。

新入生へのメッセージ:

RAとしての責任を果たす一方で、私自身はE-Trackの修士課程で国際関係を専攻しており、日本語を教えることが大好きです。たまには一緒に勉強して、キャンパスライフを楽しみましょう。

Tsuzuru Sasaki

RAの仕事とは?

私たちRAは、日本に来たばかりの学生や、家族と離れて暮らすのが初めての学生を中心に、寮生が日本での生活に慣れるようサポートします。いつか寮を出て一人暮らしをするわけですから、日本のマナーや生活習慣を知る必要があります。私たちは、日本での生活に慣れてもらうためのサポートやアドバイスを行っています。寮生にとって頼りになるサポーターであり、仲間でありたいと思っています。

なぜRAになったのですか?

私は人を助けることが好きで、それを生業にしたいと思っていたので、留学生を少しでも助けたいと思い、RAになることを決意しました。また、RAは日本にいながら海外の友人と出会い、異文化の中で問題に対処する方法を学べる最高の機会だと思いました。だからこそ、私はRAという魅力的な機会に飛び込んだのです。

新入生へのメッセージ:

日本に来ることに興奮し、一方で不安を感じることもあるかもしれませんが、日本での勉強はきっと素晴らしい経験になると思います。日本で自立した生活ができ、日本の面白い文化を理解できるよう、私たちRAが皆さんをサポートし、より良いものにしていきますので安心してください。国際寮やTIUキャンパスで皆さんに会える機会を待っています。

優しくて協力的なRAがたくさんいますので、入居したら気軽に声をかけてみてください。改めて、TIUへようこそ。

Life in TIU’s Dormitory

Author: Mika Arimoto
Editor: Saki Arimoto

Living far away from home can be difficult, and dormitory life might be overwhelming and new. Do not worry as we got you covered!

TIU offers dormitories for international students from different countries moving to Japan for up until a year. Currently, there are 6 International Housing located in Kasumigaseki, Kitasakado, and Kamifukuoka. For R1, it is a dormitory and a  single-type unit. For R2, R5, and R6, these dormitories are shared room types.

There are also dorms in Kitasakado as well as Kamifukuoka. 

I interviewed some of the former tenants of dormitories to share their experience living in TIU dormitories:

Khan Hoa Nguyen (3rd year IR student former R5 tenant)

How was your first year living in the dorm?

It was great especially if you have no problem sharing a room since there is no private room and no wall to separate the space. 

How do you keep your room clean and stay on budget?

I already applied for a part-time job in my first year of university and applied for a JASSO scholarship which helped me stay on budget. To keep my room clean, I always clean my room every week mostly by vacuuming the carpet and changing the drap. There was also a dorm manager who also maintained the dormitories clean particularly in the common area. Aside from maintaining the dormitories clean, the dorm manager helped me do my laundry which saved me a lot of time. 

Trang Do (3rd year BE student former R1 tenant)

How was your first year living in the dorm?

It was fun and not so lonely because luckily, I had my friends from the same high school who always kept me company. Also, RAs helped me communicate with the Japanese managers and made my dormitory life easier.

How do you keep your room clean and stay on budget?

I was able to keep my room clean because thankfully, dormitories have vacuums for students for students to use. Also we had room checks that pressured me to keep my room clean. To stay on budget, I cooked my own meal and made bento which helped not only save money but to stay healthy.  

We also have Resident Assistants (RAs) aside from dormitory managers that help international students adjust their lives in TIU and Japan. For further explanation, we asked the current RAs!

Naoki Moriyama (1st year student taking masters in IR)

What does RAs do?

RAs duties include explaining how to use equipment in the dorms such as the dryer, kitchen, washing machine, trash disposal area and the like. And needless to say, living in a foreign country, especially in the time of coronavirus, must be very tough. We are also here to become your friends whom you can ask anything!

Why did you become an RA?

I have helped many E-Track students for almost 2 years as one of the SLI internships, Peer Assistant, which made me realize what kind of obstacles are in Japan for international students. I believe that RA is also another great chance to help out the people in need!

Message for new students:

While fulfilling my responsibilities as RA, I myself am a Master’s student in E-Track majoring in international relations and I love teaching Japanese. Let’s study together sometimes and enjoy our campus life!

Tsuzuru Sasaki

What do RAs do?

We, the RAs, support dorm students to get used to living in Japan, especially those who just came to Japan or left their family for the first time. Since the students should be living by themselves after leaving the dorm, they need to know Japanese manners and lifestyles. We provide support and advice in order to make it easier to be accustomed to live in Japan. Our goals are to be a supporter and a peer who can be easy to rely on for dorm students.

Why did you become an RA?

I knew that I love to help people and that is what I will do for a living, so I decided to become RA to help students as much as I can. Besides, I realized that RA is the best opportunity to meet international friends even in Japan and learn how to deal with some problems under intercultural situations. That’s why I jumped at the enticing opportunity to be an RA!

Message for new students:

I know you’re excited and have mixed feelings about coming to Japan, but I’m sure it’s going to be a great experience of studying in Japan! Please let us RA help you and make it better, so please be assured that you can be independent to live in Japan and understand Japanese interesting culture. I can’t wait to see you all at the International Dorm and TIU campus!

These are just two of many friendly and supportive RAs so feel free to reach out to them once you move in! Once again, welcome to TIU.

TEDxTIU: 「Ideation」と「Design Thinking」についてのワークショップ

著者:有本未佳
編集者:Tin D.
翻訳者:Tin D.

TEDxTIU?

TEDxTIU は今秋に学内で設立されたサークルです。(※)2021年5月より大学の強化クラブになりました。

皆さんはご存じかもしれませんが、「TEDx」とは、各地のコミュニティにおいて、公平・非営利で、独立したTEDx〇〇の組織を運営し、「TED」の理念を世界中に広めるプログラムです。TEDxTIUでは、「広めるべきアイデア」をお届けするプラットフォームを作り、イベントやワークショップなどを行っていきます。


Brittany Arthurとのワークショップ

時間:2020年10月7日(水)、20時 JST

この日にTEDxTIUの初めてのワークショップが行われました。

Brittany ArthurさんはDesign Thinking Japanの創設者でBussiness Karaoke Podcastのホストとプロデューサーを務めています。

彼女が提供してくれたワークショップは「Ideation」と「Design Thinking」の概念について、その理解を促進するためのものでした。私を含め、参加者数は21名で、様々な国籍とバックグランドを持つ人たちでした。


ワークショップの流れ

1. アイスブレイクのチャットボックス

アイスブレイクが始まり、私たちはZoomのチャット機能を使って互いのSNSアカウントを次々に教え、お互いをフォローして繋がりました。Brittanyさんによると、「繋がり」はすごく大事なことだそうで、とくに家の外の世界での繋がりは重要とのこと。彼女の言うその意図を理解し、私は他の人々をフォローしました。他の参加者も同じことをしていて、なかなか新鮮な風景でした。

2. Ideation と Design Thinkingの始点

その調子でメインの概念が説明されていきながら、私は「Design Thinking」を効率的にするには、「共感」が必須であることを学びました。彼女は例も出してくれました。もしあなたが製品を開発、または製品を改善するとしたら、何に頼りに行動を取り始めますか?あなた個人の製品に関する知識か、またはお客さんからの視点・経験か?良い答えは後者でしょうですから、「共感」は「Ideation」と「Design Thinking」の始まりです。。

3. 運用のアクティビティ

そのあと、Brittanyさんはこの知識を、実際に活用するケースを紹介してくれました。サークルに参加することに緊張している学生はどのようにサークルに参加できるか、そしてそのサークルで馴染むことができるか、というケースでした。まずは、その学生と共感する必要があるとなりました。その学生には何が見えるか、何が聞こえるか、何を考えているか、どういう気持ちだったか、四つの項目に分けられました。参加者の皆さんと意見をシェアしましたが、その時の皆さんの回答は、将来TEDxTIUのメンバーを募集する時に使えそうなものでした(これは少し驚きでした!)。

閉幕の時の写真です

皆さんからの感想

Brittanyさんの素晴らしいプレゼンテーション力のおかげで、このワークショップは非常に楽しいものとなり、みんな積極的に参加することができました。彼らのコメントの一部を紹介します。

「このセッションは非常に面白く、役立つ情報が満載でした。共感を通してアイデアを思いつくところは特に。このようなイベントを今後も楽しみにしています!」

「共感のところは特にいいと思いました!心理学についての読書が好きな私は、こういうアプローチをとても気に入りました!」

TEDxTIUの初めてのワークショップは成功で何よりでした。情報が満載で面白くて、新しい出会いもできました。このサークルのこれからの成長が楽しみです。このイベントを実現させてくれた人たちへ、ありがとうございました!

TEDxTIU: Workshop on Ideation and Design Thinking

Author: Mika Arimoto
Editor: Tin D.

TEDxTIU?

TEDxTIU is a recently founded circle this Fall in our campus, led by Saki Arimoto – a third-year undergraduate majoring in Business Economics.

As some people may have known of “TED”, to put it simply, TEDx is a program that aims to spread TED’s ideology throughout the world, encouraging the pop-up of numerous nonpartisan, nonprofit and independently run TEDx organizations in numerous communities. Here in TEDxTIU, they aim to create a platform where “ideas worth sharing” can be heard, starting from organizing events and workshops.


A workshop with Brittany Arthur

Date: Wednesday, 7th of October, 2020. Time: 8 pm JST

On that day lies TEDxTIU’s very first workshop.

Led by Brittany Arthur, the founder and managing director of Design Thinking Japan, host and producer of Business Karaoke Podcast, the workshop’s aim was to help participants understand Ideation and Design Thinking. There were 21 participants from multiple backgrounds and nationalities in this event, including myself.


The flow~

1. Chat box icebreaker

The workshop started with an Icebreaker as we started utilizing Zoom’s chat box function and exchanged social media accounts to stay connected. As Ms. Brittany said, it was extremely important for everyone to connect with each other, especially during the current situation. That was her motive behind the activity, so I simply followed and tried to note down everyone’s account in order to follow them. And everyone was also doing the same, which was refreshing to see for me.

2. Ideation and Design Thinking’s origin

As Ms. Brittany continued to explain the key concepts, I learned that in order to effectively practice design thinking, it is crucial to approach problems with empathy, which was rather interesting. She gave us a business general example about it. If you were to create or improve a product, would you simply do so basing on your understanding of the products or on the customers’ perspectives. A good option would probably be the latter. Thus, it can be said that empathy is the origin of Ideation and Design Thinking.

3. Quick applicational activity

After that, she helped us apply this approach in a situational problem which was about a student struggling to join a circle. We were required to think of a solution to the problem with the newly learned concepts and divide ‘empathy’ for the student into 4 segments: see, think, feel, hear. During the discussion of our own solutions, it was surprising for me to hear some of the participants’ answers may be potential approaches in recruiting TEDxTIU members in the future.

A screenshot at the end of the workshop

My thoughts and the others’

Thanks to Ms. Brittany’s wonderful presentation skills, the workshop was indeed engaging and fun. Overall, everyone was participative and enjoyed the experience. Here are some of their responses:

“The session was very interesting and informative, especially the concept of ideation through empathizing which was new to me. Looking forward to joining more events like these!”

“I really love the empathizing section! As a person who loves to read about psychology, I really liked the idea of getting people involved through empathy!”

I am glad for TEDxTIU that the first workshop was successful. It was informative, interesting, and I was even able to connect with fellow members. As a part of this circle, I look forward to more workshops like this. GOOD JOB to all the people who worked hard to make this event possible.