大学院進学に向けTIU Eトラック同窓会がウェビナーを主催

著者:有本早希
編集者:Vi
翻訳者:ことこ

大学卒業後、進学する大学院を探していますか?東京国際大学Eトラック同窓会がそんなあなたを支援するアドバイスを用意しています。これを読めば、先輩の大学院進学成功の秘訣が見つかるかもしれません!

Source: Andrea Piacquadio via Pexels

年末年始の休みは終わりましたが、Eトラック同窓会はすでに大きなイベントの数々を開催してきました。

TIU Eトラック同窓会 (略 TIU EAA)は東京国際大学公式の卒業生組織です。EAAは2019年3月に創設され、これまでにウェビナーや専門家たちを招待した講演会を主催してきました。講演会の種類は社会起業家精神論、就職活動、開発学、コンサルティングなど多岐に亘ります。

同窓会は今回、「大学院へ進学するには」とういう題で新たなお役立ちウェビナーを今年の1月 10日にZOOMを通じて開催しました。

セミナースピーカーは東京国際大学の卒業生である、バスティアン・ハース氏、ウィチータ・テエラタナボデエ氏(ホイットニー)、ヴォラヴィック・カツラビカンアン氏(ジミー)、グエン・クィン・アン氏(アニー)とディン・チー・ミン・チャウ氏(シャーロット)だ。彼らは大学院入試を通して、見事難関校と呼ばれるとある大学院への合格を勝ち取りました。

ウェビナーの冒頭は大学院入試の出願過程について解説を行いました。バスティアン氏がここで強調したのは、学生は早い段階で準備をすること。英文成績証明書、推薦状、テストスコア、履歴書など院受験時に求められるものは多く、かつ他人からの添削を必要とするからです。

更に彼は出願書類は簡単に手配できるが、それ故に出願者も多く、長い期間待たされる場合があると付け加えました。

バスティアン氏はその後、先輩や教授と会って出願に必要不可欠な書類に対する教えを受けることを勧めました。彼らの経験談は志望理由書の様な書類を書く時に役立ちます。

次にスピーカー達は大学院進学に頭を悩ます学生の質問に自身の経験を踏まえて答えていきました。

彼らは視聴者がウェビナーに出席した理由とも言える大学院進学に対する質問(費用、職業紹介やそれを受けられる場所、出願プロセス、自らの学部課程の研究が博士にどれほど関連しているか。または理想の結果にたどり着くために役立つこと)に答えていきました。

また、スピーカー達は学生に大学院に進学しないという選択について検討するようにアドバイスしました。最適な未来を選ぶ為にも、仕事内容次第では大学院に進学する必要がない場合や投資収益率が低くなるケースについて考えることは大切です。

学生の悩みについての回答、貴重なアドバイスと進学のコツはウェビナーで紹介されていますので、見逃した人は以下のリンクからアーカイブが見れます。

今回紹介したようなイベントに興味はありますか?

TIU EAAの公式 Facebook, Instagram, と LinkedIn をフォローして最新の情報を入手しよう。

TIU EAA’s Webinar on Applying for Graduate School

Author: Saki Arimoto
Editor: Vi

Working on applying for graduate school? TIU alumni have incredibly useful advice for you, so read on to find out how they successfully went through the application process!

Source: Andrea Piacquadio via Pexels

The New Year holiday has barely passed, but the E-Track Alumni Association already has major events in store for us.

The TIU E-Track Alumni Association, or TIU EAA, is the official alumni association of the Tokyo International University. Founded in March 2019, TIU EAA has been organizing webinars and meet-ups with highly experienced professionals, as well as TIU alumni. They cover a wide range of topics such as social entrepreneurship, job-hunting, development studies, consulting, and so on.

This time, the association has organized yet another helpful webinar on “How to Apply for Graduate School?” on the 10th of January through Zoom.

Speakers of the webinar include Bastian Harth, Wichita Teeratanabodee (Whitney), Voravich Chaturavichanan (Jimmy), Nguyen Quynh Anh (Annie), and Dinh Thi Minh Chau (Charlotte) who all graduated from TIU. They all have gone through the process of applying for graduate schools and were successfully admitted to some of the most prestigious and high-ranked institutions.

The webinar started off by discussing the document preparation process. As emphasized by Bastian, it is highly recommended that students start early – as various documents require assistance from others, including transcripts, letters of recommendation, test scores, resumes, and the like.

He added that while these documents can be easily obtained, the tricky part sometimes lies in the long wait, due to the offices’ high demand.

Bastian then advised seeking out experienced senior students and professors for guidance on essential documents. Their experience is especially beneficial when it comes to documents like your statement of purpose.

The speakers took to their own personal experiences to answer various questions that concern students.

They explained what they may look for in programs, regarding cost, job placement, and location; their application process; how relevant their undergraduate studies were to their master’s; or useful tips to get desired results.

The speakers also advised students to consider reasons to NOT go into graduate schools, particularly as few jobs actually require it or possible low return-on-investment, so that ultimately students can make the best decisions for their own future.

Answers for students’ concerns, helpful advice, and tips were shared during the webinar so in case you missed it, go to this link below for a rerun!

Interested in joining events such as this one?

Follow TIU EAA on Facebook, Instagram, and LinkedIn to get updates for their upcoming events.

TIU EAAのウェビナー:日本での就職活動

著者:有本早希
編集者:Vi
翻訳者:Hang

就職活動は在学生の多くが越えなければならない壁です。そんな学生の皆さんの挑戦に対し、少しでも、お役に立てればと思います。

1月に、TIU EAA(TIU Eトラック同窓会)は大学院進学を希望する学生のためにウェブセミナーを行いました。また、2月5日には、ウェブセミナー第二回を行いました。今回のテーマは日本の就職全体像と人事部の採用プロセスでした。

卒業後の就職先を探している方々にとって、この記事には多くの有益な情報が詰まっています!

Source: fauxels via Pexels

Eトラック同窓会会長 Bastian Harthさんがメインスピーカーを務め、ウェビナーゲストとして、リクルーティング企業をお招きしました。

  • 管理担当Benjamin Cordierさん
  • 人事・総務担当・Simon Elsomさん
  • タレントアクイジション・トレーニング担当Sarah Onishiさん

人材紹介コンサルタントの役割

冒頭は企業の背景説明から始まりました。Cordierさんは、募集会社と応募者を繋げる人材紹介コンサルタントの役割について強調しました。会社自体が利益を得るだけではなく、就職希望者が自分に見合った職を見つける事で、彼ら自身のキャリアの発展と成長に貢献することができるのです。

日本の雇用市場

Elsomさんは日本の就職市場は外国人の採用に前向きであると発言しました。人材を募集をしている会社は、以下の特徴的なことを、よく採用条件として見ているようです。

1.優秀な成績

 多くの日本の企業は応募者の学業成績、論文、履修科目等、全体的のアカデミックパフォーマンスを見ます。

2.日本語能力

 JLPTのN1レベルが望ましいですが、BJT(ビジネス日本語能力テスト)を主に求めている会社も増えてきています。

3.文化の知識力

 候補者が文化を超えて仕事をする能力を持ち、色々な国の企業と深い関係を築くことができるなら、非常に有益です。

Cordierさんは、日本労働人口の減少により、外国人労働者、特に今後10年間で高度な技能を持つ人が、ビザを入手し易くなるであろうと主張しました。

日本で仕事するチャンスを手に入れたいなら…

ビザを得るチャンスも増えていくという事ですが、仕事の競争率は高いので、履歴書を目立たせるように準備をする必要があります。Elsomさんによると、多くの面接結果は10秒で決まるとか。

このウェビナーで講演者とTIUの学生を含む80人の参加者の間で素晴らしディスカッションをすることができました。卒業生、または未来の卒業生は、専門家の意見を吸収し、就職活動レースの頂点に立つでしょう。

ウェビナーを見逃した方はこちらのリンクから見られます! 

このようなイベントが気になる方は、是非SNS(Facebook, Instagram, LinkedIn)をフォローして最新情報をお見逃しなく!

TIU EAA’s Webinar on Job Hunting in Japan

Author: Saki Arimoto
Editor: Vi

Job hunting is the inevitable process that many graduates dread, maybe even you. But hold on, TIU EAA in collaboration with one of the top recruitment companies, is here for the rescue.

In January, TIU E-Track Alumni Association (TIU EAA) organized a webinar for students who wish to continue their studies in graduate school. On February 5th, another helpful webinar was held. The theme is to discuss the overall picture of the job market, as well as the scouting process of recruitment agencies in Japan.

If you are looking for a job opportunity right after graduation, this article is packed with useful information for you!

Source: fauxels via Pexels

Moderated by Bastian Harth, chairperson of TIU EAA, the webinar also welcomed speakers from a professional recruitment company in Japan:

  • Mr. Benjamin Cordier・Managing Director
  • Mr. Simon Elsom・Director of HR and Office Administration Professionals, and
  • Ms. Sarah Onishi・Manager of Talent Acquisition and Development

The role of recruitment consultants in the industry

Starting off by sharing the company’s background in the field, Cordier emphasized the role of recruitment consultants in connecting job seekers and companies. Not only do companies benefit from the partnership, but also job seekers can develop their career and personal growth by finding the most suitable opportunities.

The Japanese job market

Elsom pointed out that while Japan is a promising market for foreign candidates, there are key unique factors in applicants’ appeal that companies may actively look for:

1. Strong academic background:

Many Japanese companies look into applicants’ GPA, thesis, courses which the student took, and overall academic achievements.

2. Japanese proficiency:

It is generally helpful to have N1 in JLPT, however, many companies are increasingly giving regards to BJT (Business Japanese Proficiency Test) scores.

3. Cultural knowledge:

It would be highly beneficial for the candidate to have the ability to work across cultures, and to help to build strong relationships with international counterparts.

Cordier emphasized that because of the shrinking work population, the economy will inevitably expand visa allowance to the foreign workforce, especially highly-skilled labor over the next decade.

The real key to winning opportunities in Japan

Although the more lenient visa allowance brings many opportunities, job seekers should also be aware of the competitive nature of the landscape with high-in-demand positions, and work on making their resumes stand out. This is highlighted by Elsom, who added: “Statistics show that it is usually a 10-second screening.”

The webinar sparked great discussions among the audience of 80 registrants, including speakers and TIU students. We believe that many graduates or future graduates can benefit from these professional insights, as being prepared is the best strategy to rise above in the job hunting race.

Missed the webinar? Watch the rerun below to find out more valuable insights:

Interested in joining events such as this one?

Follow TIU EAA on Facebook, Instagram, and LinkedIn to get updates for their upcoming events!

CGでのインターン 、SAKIより

著者:有本早希
編集者:Tin D.
翻訳者:Tin D.

私について

私はSAKIです。3年生で経営経済学部に所属しています。今まではキャンパスグローバリゼーション(CG)チームで3学期間活動してきました。現在、ミドルスタッフを務めています。学外では、3つのインターンシップを体験していましたが、それらのチャンスを獲得できたのはきっと私がCGの活動をしていたからだと思います。

2019の秋、CGチームの写真;私は小さなインターンの一人、左から二人目。

CGインターンになる前は、CGのことをあまり知りませんでした。実は、応募期間中の説明会でCGの存在を初めて知ったと思います。あの時の私(今も)は動画作成に興味を持ち、SNSをよく使い、語学力の条件を一応満たしていたから、これは「より活動的になり、学校の課外活動に関わるためのいい機会になるのでは?」と思いました。


キャンパスグローバリゼーションとは?

今、あなたの中で、「このチームはなんだ?」という疑問が浮かんでいるかもしれません。東京国際大学には、キャンパス内でお給料が出る、Student Leadership Internships (SLI)というプログラムがあります。そして、キャンパスグローバリゼーションとはそのプログラムの中のチームの1つです。私達は9人のバイリンガルの集まりで、私達の目標はJトラック生とEトラック生の間の絆を育み、学内をよりバイリンガル化することです。その目標を達成するために、5つのタスクに取り組んでいます。それらは、ワークショップ企画、SNS管理、ビデオプロジェクト、翻訳プロジェクト、及び学生によるプロジェクトです

1. ワークショップ企画

毎学期、私たちは三つの言語交換のワークショップを行います。TIUコミュニティと関係があれば、トピックスは自由で企画者次第です。全部、英語と日本語の両方を使用してもらいます。こうやって、バイリンガルの学生たちは互いに出会うだけではなく、大事な問題について深く話し合えます。

私が行ったワークショップのポスター;最新のものは右から

初めてのワークショップは今でも覚えています。私はあの頃は特に緊張しやすく、内向的でした。自分の語学力にも不安を抱いていましたが、そのワークショップのおかげで、私は自信を持てました。文法に間違いがあっても、言いたいことが伝わりさえすれば、それでいいと思えるようになりました。もちろん、正しい文法を使うのは大事ですが、たまに忘れてしまう時があって当り前で、別にこだわる必要がないってこと。ワークショップをいくつか行って、だんだん緊張感がなくなり、ほかのイベントも行えるようになってきました。本当にこんな機会をくれたCGに感謝の気持ちで一杯です。

2. SNS管理

tiu_sliのインスタグラムアカウントの管理もCGの役目の一つです。校内のイベントの情報を発信するために、他のチームのコンテンツの投稿を調整するだけではなく、キャプションの翻訳もします。

このタスクはマーケティング系の仕事を目指す人に丁度いいと思います。東京の広告代理店でのインターンを申し込んだ時に非常に役に立ち、おかげで採用されました。自分もよくSNSを利用しているので、こういうタスクは個人的に結構楽しいです。

3. ビデオプロジェクト

私たちは動画も作りますよ。SLI応募時期にほかのチームとコラボとか、歓迎メッセージの動画とか。高田馬場オフィスと協力して、キャリアセンターの動画を作ったこともあり、また、E-Track Academic Affairs Officeの動画の編集もします。CG専用の道具もありますが、最近のプロジェクトでは、オンラインに移行し、ほとんど家で作業したり、編集を沢山したりするんです。多種多様な動画編集ソフトとプロの編集者と接するいい機会になると思います。

高田馬場のオフィスとコラボレーション

4. 翻訳プロジェクト

CGの中では、このタスクは一番シンプルかもしれません。TIUの様々なオフィスからの書類を翻訳するだけです。給料をもらいながら、翻訳の腕をアップしたい人にはピッタリだと思います。

5. 学生によるプロジェクト

これはかなり新しいものです。アドバイザーのサポートのもと、私たちはTIUコミュニティをよりグローバルにするアイデアを思いつき、実施することが可能です。実際には、このウェブサイトもこの新しいプロジェクトの一つです。活動的で行動力があれば、CGインターンとして新しいことを始められます。

自分の体験

上記のタスク・プロジェクトから、私は沢山の経験とスキルを身につけられました。その上、私がメンバーである他の組織でもCGで学んだスキルを活用できています。才能のあるチームメンバーと一緒に動くことで、この経験がより楽しくより面白くなると思います。そういうメンバーと接するチャンスは普通はあまりないと思うので、すごく感謝しています。プロジェクトがたくさんで大変な時があっても、皆の力で全部乗り越えられると、私は思います。


最後に...

CGの印象的なロゴ

今でも「CGはなに?」と聞く人が沢山いて、私(ほかのメンバーも)は何回も説明しましたが、結局のところ、私はこう思います。

ほかのチームと比べて、CGはあまり表に出てこないので、私はCGを「裏方の人」と呼びます。 

でも、それは、人前に出るのが苦手でも、専門的な知識とコミュニケーション能力を持っていてもっとスキルアップしたい人にはとてもいい場所です。私もそうでしたから。CGは担当することが多いので、かなりユニークなインターンシップだと思います。これからさらなるチャレンジが待っているかもしれませんが、CGでの体験は貴重なものであり、学生の皆さんにお勧めします。

Being a CG Intern with Saki Arimoto

Author: Saki Arimoto
Editor: Tin D.

About myself

I am Saki, a 3rd Year Major in Business Economics. I have been interning at the Campus Globalization (CG) Team for 3 semesters, and I am currently a Middle Staff. Outside campus, I have had three internships, and I can say that being a part of the CG team has definitely helped me increase my chances of landing those positions. 

Photo from CG Team Fall 2019; I am one of the tiny interns, second from the left.

Before being a CG intern, I had not heard much about the team. In fact, I only knew CG during the Info Session for the Recruitment Period. I was (and still am) interested in creating videos, a frequent SNS user, and have somewhat the required language abilities, so I thought that this could be my opportunity to be more active and involved in the university’s extracurricular activities.


What is Campus Globalization?

Now, you may be wondering what Campus Globalization is. Tokyo International University offers Student Leadership Internships (SLI) to students to experience on-campus paid internships, and one of the teams is Campus Globalization. We are a small team of 9 bilingual talents, and our goal is to connect all students in TIU by making the community more inclusive and bilingual. We are able to do these through our tasks which can be categorized into 5: Workshop Planning, SNS Management, Video Project, Translation Project, and Student-led Project.

1. Workshop Planning

Every semester we hold 3 workshops for language exchange. Organizers choose any topic that is of relevance to the TIU community, and participants will discuss the chosen topic using both Japanese and English. This workshop enables bilingual students to meet fellow students who can speak both languages and at the same time, converse about pressing issues in more depth.

Posters from all the workshops I facilitated; most recent from the right

I can still remember the first workshop I led. I was nervous as I am quite introverted, especially before. I was also a bit insecure with my language abilities, but I realize that the workshop itself helped me boost my confidence and that making mistakes in grammar is completely fine as long as I am able to convey what I intend to convey. Of course, learning the right grammar is important but there will naturally be times that one would forget these, and that is okay. After holding a number of workshops, I got less nervous and I was also able to moderate other events well. Thanks to CG I got such opportunities.

2. SNS Management

We are also in charge of managing the tiu_sli account on Instagram. Not only do we coordinate with other teams for content, but also translate their captions into either Japanese or English so everyone can get a grasp and be updated with the events in TIU.

This task is obviously great for those who want to pursue marketing as their jobs. It also helped me when I applied to an international advertising company in Tokyo, and fortunately, got accepted. As I also use social media very frequently, I enjoy doing these tasks.

3. Video Project

We also do a number of video projects. We have collaborated with other SLI teams for SLI Recruitment Video, Welcome Message Video, and many others. We also contributed to creating a video for the Career Center with the Takadanobaba Office, and to editing videos assigned by the E-Track Academic Affairs Office. We used CG-exclusive equipment to film most of our videos, but as for our recent projects, since we have to move online, most were done at home, but heavily focused on editing. It is also another great practice to get used to different video-editing software, as well as meeting with professionals who can share their skills face-to-face.

Video Collaboration with Takadanobaba Office

4. Translation Project

As for this project, this is rather the simplest among the tasks mentioned. We are assigned by different offices in TIU to translate documents. This is also good practice for those who want to hone their translation skills while getting paid.

5. Student-led Project

This is still quite recent. With our advisors, we are encouraged to think of new ideas to help the TIU community to be more globalized. This website where you are reading this article is actually one of our projects. Especially if you are proactive and have new ideas, you can definitely pursue them as a CG intern.

My experiences

From these tasks, I have gained a lot of experience and skills that I can add to my resume. On top of that, I get to apply these skills in multiple organizations that I am part of. Working with my talented teammates also makes the experience more fun and more interesting. It is not always that one gets to meet highly talented, creative, and skillful people like my teammates so I am grateful to work with them, especially on challenging projects. There would be instances that we get too many projects, but with the help of my fellow interns and helpful advisors, we are still able to manage and make our projects as best as we can.


Lastly…

The iconic CG logo

Many people still ask who CG is, and I, with the rest of the team, tried to explain it a number of times, and so I have made a conclusion about our team.

We definitely are not as publicly visible as the other SLI teams. I actually call our team “the backroom boys (and girls).” 

This, therefore, is a good place for students who are not interested in frequent face-to-face interactions but still desire to learn and build highly technical and social-communicative skills, as I do. I believe it is quite a unique internship as we have multiple things we are in charge of. It gets challenging from time to time, but I can definitely say that being a CG intern is a fulfilling experience, and I would recommend qualified TIU students to try this too.