2020年度SLI秋学期仕事説明会 – 最高の学習と経験が共有できる場所

著者:Hang
編集者:有本早希
翻訳者:ことこ

SLI仕事説明会とは

SLI仕事説明会とは、毎学期行われる学生主体のインターンシップ(SLI)に所属する5チームを紹介するイベントです。(English Plaza運営、ピアアシスタント、English Plaza図書館、ライティング支援アドバイザー、キャンパスグローバリゼーション)

参加者は現職のインターン生やアドバイザーの先生に会う機会があり、各チームについての詳細や役割、そしてこれまでの歩みを聞くことができます。

この説明会は来期SLIへの加入を検討している、もしくは興味を示している学生の為にSLIチームが主催するSLIに関する情報の深堀りができるイベントになっています。また、現インターン生にとっても本イベントは仕事経験を共有したり、未来のインターン生に自身の成功体験を託す事ができる良い機会になっています。実際に、3学期間仕事説明会に参加している筆者もSLIインターンを通して自身の著しい成長を実感しています。


2020年度版仕事説明会で新しくなったこと

SLI説明会はコロナ禍以前は教室で行われていました。チームがそれぞれのスペースを設けていたので参加者が興味を持てばブースへ容易に赴くことができました。新型コロナウイルス感染症が広がり、SLI仕事説明会は2020年春学期以降ZOOM上にてオンラインで行われています。確かに、オフラインからオンラインへの移行は挑戦的ではありました。しかし、全イベント主催者にとってこれは実際の運用に向けた適応力と柔軟性を培う良い経験になりました。前期の経験を軸に今秋期のSLI仕事説明会は万全な体制を整え、そして大成功を納めました。

SLIのインターン生は時間と労力をかけポスターや動画などの洗練された宣材をSLI仕事説明会の為に作成しています。よろしければ以下をご参照ください。

説明会当日、現インターン生は多くの参加者から多くの感想、関心をいただきました。そして、その中でも来期のSLIインターンへの加入を決定してくれた学生がいました。とても感謝しています。ありがとうございます。こちらが現インターン生からの感想になります!

ハヤティさん(ライティングアドバイザー)「今日は四人の学生が私たちのブースに来てくれました。とても真剣で活動に興味津々でした!」

キャンパスグローバリゼーション所属のとある学生「この素晴らしいイベントに参加し、後輩たちに親愛なるSLIコミュニティへの参加を促せて大変満足しています」

最後に、来期のSLI仕事説明会に参加するのを忘れないでください。そこで、日本での仕事説明会の流れを体感してみてください。

SLI Job Fair Fall 2020 – A Great Learning and Sharing Experience

Author: Hang
Editor: Saki Arimoto

What is SLI Job Fair?

SLI Job Fair is an Student Leadership Internship (SLI) event featuring all 5 teams, E-Plaza, Campus Globalization, Peer Assistants, EP Library, and Peer Advisors for Writing, of the SLI community that is held every semester.

Participants have the chance to meet current SLI interns and SLI advisors, ask them for more information about each team’s responsibilities, and listen to their experiences in their internship journeys. 

It is an in-depth information session organized by SLI teams for those who wish to know more about SLI and are interested to become an SLI intern for upcoming semesters. This also becomes an opportunity  for the current SLI interns to share their stories and pass on the same positive experience to future interns. In fact, the author, who has been to SLI Job Fair for 3 semesters consecutively, has personally learned a lot and grown tremendously as an SLI intern.


What’s new with SLI Job Fair 2020?

Before the pandemic, the event was usually held in one of the lecture halls, and teams had their own spots where interested applicants can easily go to. Because of the COVID-19 situation and difficulty of travelling to other countries, the SLI Job Fair has been held online through Zoom since Spring 2020. Indeed, it was a challenge to move from offline to online, but this was a learning experience to all the organizers of the event in becoming more adaptable and flexible during the trying times. Learning from our experience last semester, we have come back more prepared for our Fall 2020 SLI Job Fair and it was a great success.

To promote the event, SLI interns poured their time and efforts in creating impressive different visuals such as posters and videos to promote the SLI Job Fair. Check them out below.

On Job Fair day, interns received so many comments and interests from their fellow students, and a number of them showed their determination of joining SLI next semester which made interns feel extremely appreciated. Read some of the interns’ testimonials below!

“Our booth was visited by 4 students today,” said Hayati from PAW. “They all looked very sharp and interested!”  


“[It] feels like a great achievement being a part of such an amazing event and getting to motivate our fellow students to become part of our beloved SLI community,” (someone from CG team) commented.

P/S: Make sure to join next semester’s SLI Job Fair, and experience a glimpse of how job fairs in Japan are organized!

Why Part-time jobs in Japan are “Easy”


Author: Hang
Editor: Tin D.

Being a foreign student in a foreign country, many struggle to settle their financial problems. To be independent from financial supporters or to share their burden, to accumulate life experience or to learn new things, regardless of the reasons,  foreign students do part-time jobs and it is not rare to catch them working alongside with Japanese staff. They contribute to the economy of the host country as well as helping share their own family’s financial burden. It’s a two-way benefit, win-win situation for both the student and the host country.

Foreign students might have various motivations to come to Japan, and to come to TIU specifically. Do you know that you are in a country that part-time job is a common experience, because it is actually very easy to obtain one?


Here is why (personally)

1. There is a bazillion job opportunities out there.

Japan is the country of service. A great proportion of its GDP is generated by the third economic sector – service. Tourism generates huge GDP and creates many job opportunities for a country that the first and second sector has been gradually taken over by technology and machines. Hotel service, restaurant service, educational service to name a few of the areas that human labor is still valued more than machines. With a dwindling available domestic work force (too many seniors against too few young workers), it is important that employers take in foreign labor to make up for the shortage of man-power.

Foreign students are contributing greatly to Japanese economy by doing part-time jobs, and business runners love them.

 

Unlike many countries where part-time jobs are hard to find, scarily competitive as well as poorly paid, part-time jobs in Japan are always available and decently paid. You can easily cover your living expenses with your salary from baito even if you do not work full 28-hour per week (assuming you are not a crazy spender of course). The job is there, as long as you are willing to find and work for it.

2. Available jobs are newbie friendly

Japanese can take on part-time jobs after entering high school. Do you think they have any work experience just graduating middle school? Hardly, right. Because part-time jobs in Japan are very newbie friendly, anyone can do it. They would teach you how to complete your job in the most caring and forgiving manners, because that’s what they have been doing for centuries.

 From young high schoolers to elderly, if you have any experience, great, good to know. If you don’t, it’s fine, it can be taught. Don’t worry that your work resume is a complete zero, you can still find a job. That’s how easy baito are.

3. Language barrier is NOT that scary

Yes, coming to Japan, many foreigners struggle with this language. How can people remember all these moon runes called Kanji? Well, practice and immersion make any language easier. But does that mean you can not look for any job until you can actually speak Japanese? Not really, there are places that you can work with basic Japanese skills of N5.

With N3, you can basically apply for any restaurant job. With N2, you can apply for basically any job (just don’t do any illegal jobs please).


HOW TO GET A BAITO – the easy way

(In case you are not confident with your language skills)

  • Use part-time job finding apps to look up for information

Keywords: Foreigners/Foreign students welcomed; Newbie friendly; Language level according to your confidence.

  • Ask for recommendation from your senpais)

Connections make things faster, easier and more credible. Make sure that your senpai is also trustworthy and credible.

  • Prepare for your interview

Learn some common phrases. Prepare your Rirekisho (Resume) nicely. Dress smartly (not too formal nor too casual, it will not be a good first impression)

  • Relax, smile and be bright

Be honest about what you can do. Ask questions if you need to. Don’t raise the bars to high, it’d only be tough for you in the future.

なぜ日本でのバイトは「容易」なのか?

著者:Hang
編集者:Tin D.
翻訳者:ことこ

外国にいながら留学生として生活していると、経済的に悩む人もたくさんいます。経済的独立のため、支弁者と分担で支払いをするため、経験を積むため、新しいことを学ぶため、理由のいかんに関わらず、留学生はアルバイトをしており、日本人スタッフと仕事している光景は稀ではありません。留学生が働くことで国の経済に貢献するだけではなく、留学生本人の家庭を経済的に手助けすることにも役立ちます。まさに、学生にとっても日本にとっても利点がありウィンウィンと言えます。

留学生は様々な動機をもって来日し、みなさんはTIUに入学したのですね。実はあなたはアルバイトがしやすい環境にいるのです。知っていましたか?


理由は下記の通りです (個人)

1. 沢山の求人で溢れかえっているから

日本はサービスの国です。国内総生産(GDP)の大きな部分はサービス産業によって占められています。特に観光業は民間の消費が多く、テクノロジーや機械に取って代わられつつある第一次、第二次産業を追い越し、多くの雇用機会を生み出しています。ホテルのサービス、レストラン、教育業界において、人間による労働は機械よりも未だ価値があります。更に、少子高齢化に基づく国内の人手不足により、各企業は外国籍の労働者を雇い、これを補おうとしているのです。

そのため、留学生はビジネス経営者にとっても国にとっても大きな貢献をしていることになります。

他国の職不足や競争率の激化、そして低賃金労働問題とは異なり、日本のアルバイトは常に募集がかかっており、そしてそれに見合った報酬が貰えます。あなたの生活費は週28時間フルで働いていなくても、バイトのお給料で十分かもしれません(もちろん無駄遣いしない場合)。やる気さえあれば、アルバイトはすぐに見つかります。

2. 初心者歓迎が多い

日本人は高校入学後からアルバイトをすることができます。義務教育を終えたばかりの人たちに果たして職場での経験はあるのでしょうか。ほとんどありません。日本でのアルバイトは初心者歓迎の所が多いのです。つまり、誰でもできる。ということです。アルバイトとして入社したなら、職場のメンバーが仕事を丁寧かつ最善な方法で教えてくれます。それが、日本における長年の慣習なのです。

高校初年度から高学年までに職場経験があるなら素晴らしいことです。しかし、無くても心配しないでください。一から教えてくれます。履歴書が白紙でも心配ありません。仕事は見つかります。それほどアルバイト探しは「容易」なのです。

3. 言語の壁は心配無用

もちろん、日本へ来たら多くの外国人が言語の壁にぶつかります。本当にどのように日本人はあんなに数多くの漢字を全て覚えているのでしょうか?練習からの定着が言語習得の近道ですけどね。しかし、日本語が喋れるようになるまで仕事が全く見つからないというわけではありません。日本語技能N5(日常会話レベル)で雇ってくれる仕事はあります。

N3ならどの飲食店でも応募できるはずです。N2なら多分どの職にも応募できるでしょう。(ただし、違法なものはNGですよ。)


バイトの探し方 – 簡単な方法

(言語能力に自信がない場合)

  • バイト探しのアプリケーションを活用しよう

キーワード:外国籍/留学生歓迎、初心者歓迎、言語レベル(あなたの自信に応じて)

  • 先輩におススメを聞こう

コネがあると話は早いですし、安心もできます。その為にはおススメを聞く先輩も信頼できる人でなければいけません。

  • 面接の準備をしよう

よく使うフレーズを覚えておきましょう。履歴書の準備をしましょう。そして、適切な服装を用意しましょう。(ラフすぎず、正装すぎず。)

  • 落ち着いて、明るく、笑顔で

自分のできることを正直に話しましょう。質問があればしましょう。(あまりにも自己PRをしすぎて、後で自分が困らないように!)