冬へ向けた準備

作者: Prashan J.
編集: Trang D.
翻訳: Riki H.
原文: 英語

みなさん、こんにちは!最近ではより一層冷え込んでまいりましたが、どのように過ごしていますか?秋の終わりも徐々に近づき、冬が近づいてくると、私たちの生活様式もそれに合わせて調整していくことになります。本記事では、どのようにして、厳しい冬という季節とうまく付き合っていけばよいか、それらを日本の冬を初めて経験される方や、冬が苦手な方のために紹介します。

  気温が急激に下がり始める秋から、何よりもまずしなければならないことは、模様替えになります。1月から2月にかけての極寒の時期には、フランネルやウィンドブレーカーが必需品です。また、冬は暖かくしながら、おしゃれで素敵な装いを披露するのに適した季節でもあります。もう一つ、冬に気を付けなければならないのは、寒暖差が予測不可能なことです。日本では冬になると、晴れの日が比較的多くなります。雲一つない空というのは、日が差し込むため暖かい印象がありますが、実は真逆で、特に午前中はかなり冷え込みます。そのため、外出する前に気温を確認することをお勧めします。

冬の服装

  冬の間に、忘れてはならないのが健康面での対策です。特に、暖かい国からきた人は、特に対策が必要になります。湿度の調整には時間がかかってしまうので、先に対策しておくほうが、かえって治療することよりも良かったりします。例えば、冬の日本のインフルエンザです。多くの人は晩秋にかかる傾向があります。また冬になると、湿度が極端に下がるため、スキンケアも軽視できません。性別や年齢に関係なく、どこにでも持ち運べるポケットサイズのハンドクリームやリップクリームは、冬に最も求められているアイテムです。さらに、水分補給も忘れてはいけません。冬は、他の季節に比べて体の渇きに対する反応が鈍く、汗をかきにくい傾向があります。そのため、時には「のども乾いていないし、水分補給をしなくてもいいや」と油断してしまい、脱水症状を引き起こしてしまうことがあります。水分摂取量が不足すると、肌のデキモノや皮がむけたりするといった健康上の問題が生じてしまうのです。

  秋になると、多様な自然に恵まれた日本では、各地に旅行することがブームになります。人々は冬になると、雪の降る場所でスノーボードやスキー、アイススケート、ロープウェイなどのウィンタースポーツを楽しみます。また日本のもっともユニークな冬の過ごし方として、温泉に行くことも例として挙げることができます。このような冬のアクティビティに関しましては、北海道、新潟、群馬などの都道府県が有名です。これら以外にも、首都圏ではクリスマスを目前に控えると、街は華やかな雰囲気に包まれます。忙しい人は、帰りに都内のイルミネーションを見に寄り道するのもいいでしょう。外国人観光客の間では、恵比寿や六本木のイルミネーションが有名ですよ。

六本木ヒルズのイルミネーション

  冬の過ごし方や寒さ対策に関わらず、冬の環境はやや厳しいと感じる方もいらっしゃるかもしれません。とはいえ、暖かく健康的に過ごし、冬を最大限に楽しむことが大切です。この記事を読んで、あなたの冬の経験をより良いものにするためのいいヒントが見つかること願っています。