七夕まつり

ライター: Theo F.

編集者: Aika Matsui

翻訳者: Kotoko

織姫とその恋人彦星は文月の7日にのみ会うことを許されていました。しかし、どうしてこうなってしまったのでしょうか。

七夕は二人の悲しい出来事に基づき、7月7日(グレゴリオ歴)もしくは8月中(旧暦)に祝われます。七夕の起源は古き中国の祝い事である「しちせき(七夕)」 という参加者が技術や技を競い合う場の事とされています。織姫と彦星の物語には無数のバージョンがありますが、その中でも有名な民話では、織姫は布を織る姫であるとされています。

聡明な織姫は制作の才があり、彼女の父-神さま-は織姫の作る最高の作品の数々を楽しみにしていました。仕事柄、彼女は素敵な出逢いをする暇が無くてとても落ち込んでいました。そんな彼女を励ますため、神さまは銀河の向かい側に住んでいる牛飼いの彦星とお見合いをする機会を与えました。二人は互いに一目ぼれし、お見合いは成功するのでした。その後、彦星は織姫を妻として迎えました。

しかし、夫婦が結婚すると宇宙はおかしくなってしまいました。彦星は暴れまわる牛の群れを制御できなくなり、織姫は客や父のためにも布を織ることができなくなったのです。激怒した神さまは、天の川を間に挟み、二人の仲を裂いてしまいました。夫と再会する為、織姫は悔い改め、仕事に努める代わりに一年に一回彼と会うことを許してほしいとお願いしました。神さまは承諾し、カササギが銀河を渡る橋となる文月の7日に彼と会う事を許しました。

※運命の日に雨が降ってしまうとカササギは高潮の上に橋を作れないので二人は会うことができないとされています。

織姫と彦星のお話は惹かれるものがありますが、私たちは七夕の日に実際に何をするのでしょうか。

中国の慣習のいくつかの要素に触発された七夕は、私たちの願いが叶うことを願うお祭りです。祭り当日は紙片がかかった竹が日本中に立っているのが見てとれます。

この紙片は「短冊」とよばれ、お祭りに来た人は自身のお願いを短冊に書きます。竹はまっすぐ伸びることから、神や精霊が降りてきて不浄なものを追い払い、願いを叶えてくれると言われています。短冊をかける他に、祭りの参加者は時に浴衣(伝統的な服)を着て祭りの雰囲気を楽しみます。

もし、七夕祭りに興味が湧いたら、埼玉・東京・神奈川近郊で行われている大きなお祭りがありますが、今年はコロナ禍の影響で開催を延期・中止している可能性のある祭りがほとんどです。したがって、自分のオリジナル短冊を作ってお家でリモート七夕パーティを開いてみてはどうでしょうか。きっと楽しくなること間違い無しです!

Published by

Theo F.

Fiction writer